青膚(アオハダ)

アオハダ(モチノキ科)
e0054067_13729100.jpg
ひと息ついた場所でふと上を見上げると、青々とした葉が繁る枝に小さな花が見えました。
間近で観察できる枝を見つけて、葉の根元に咲く花を覗き込みます。
とても地味な花ですが、しっかりと虫が訪れていました。
写真は雄花(雄株)の方ですが、アオハダは秋になると小さな赤い実をたくさんつける木です。
(5月下旬撮影)
e0054067_1373636.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
by nekoppana | 2009-05-27 01:51 | モチノキ科 | Comments(2)
Commented by Treehouse-in-k at 2009-05-27 08:02
アオハダってそういう漢字だったのですか!?本当に「肌」そのものだった
のですねぇ。
うちにも去年植えたアオハダの木があるのですが、花はまだ確認した
ことがありません。今年は気を付けて見てみたいと思います。
こういう地味な樹木の花、大好きです。
Commented by nekoppana at 2009-05-28 02:09
Treehouse-in-kさん、こんにちは。
アオハダの名前は、外皮をはがすと緑色をしているところからきているそうです。
(図鑑の受け売りですが・・・(^^ゞ)
花は地味でもなかなか風情があるものですし、実がなればまた違った雰囲気を楽しめますね!
←menuへ