手形千鳥 - テガタチドリ(ラン科)

e0054067_237739.jpg
草原に紅紫色の花序を立てて、テガタチドリが咲いていました。
青々とした草原でよく目立って夏らしさを演出しています。
目まいがするほどの強い陽射しの中で、いきいきと咲く花に向き合いました。
(7月中旬撮影)
e0054067_237854.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
by nekoppana | 2010-07-29 23:14 | ラン科 | Comments(4)
Commented by nekocchi1122 at 2010-07-29 23:56
ハクサンチドリとか聞いたことはあるのですが、テガタチドリとはかわいい名前ですね^^
Commented by nekoppana at 2010-07-30 23:19
ねこっちさん、こんにちは!
ハクサンチドリも似た雰囲気の花ですよね。
テガタチドリより少し花期が早くて、現地ではもう花は終わっていました。
根っこが手の形をしていることから「テガタ」らしいのですが、こればっかりは掘り起こすわけにいきませんよね。(≧∇≦)
Commented by nekocchi1122 at 2010-08-07 01:43
なるほど~・・では、名前を付けた人は掘り起こしたということですね~(><
Commented by nekoppana at 2010-08-09 21:47
そうですね~そういうことになるでしょうか・・・
植生にインパクトを与えない程度の、研究のための最低限の行為と信じましょう!
←menuへ