モミジチャルメルソウ

訪れた地域では、3種類のチャルメルソウの仲間に出会うことができました。
この仲間の花は変わった形をしていますが、魚の骨のように見えるのが花弁にあたります。
そして、花弁の間に見える三角形の形をしたのが萼片です。
お目当てのモミジチャルメルソウは、その名の通り、葉が深く切れ込むのでわかりやすいです。
通りかかった流れの脇で、密集して咲いていました。
e0054067_18582994.jpg

e0054067_18592396.jpg

e0054067_18583062.jpg
上の写真が、モミジチャルメルソウの花のアップです。
同じ場所では、少し離れた場所でチャルメルソウも咲いていました。
チャルメルソウの花は、萼片が開かないのが特徴です。(下の写真)
歩く先々の沢筋では、いたるところでチャルメルソウとモミジチャルメルソウを見ることができました。
もう一種類のチャルメルソウの仲間は、地元の山でも見慣れたコチャルメルソウでした。
(4月下旬撮影)
e0054067_1859273.jpg



 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
by nekoppana | 2013-05-05 21:57 | ユキノシタ科 | Comments(0)
←menuへ