マイヅルテンナンショウ

テンナンショウの仲間は見分けるのが難しいですが、中には特徴的なわかりやすい種類もあります。
マイヅルテンナンショウもその一つで、花の中から天に向かって伸びる糸状の付属体が特徴です。
「マイヅル」という名の通り、葉が展開した姿は鶴が羽ばたく姿に似ています。
同じ仲間でも、マムシグサのように蛇に例えられる種類もあり、この多様性が面白いと思います。
この日は今にも動き出しそうな、たくさんのマイヅルテンナンショウに出会うことができました。
(6月上旬撮影)
e0054067_20454833.jpg

e0054067_20454461.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
by nekoppana | 2013-06-17 21:00 | サトイモ科 | Comments(0)
←menuへ