イチヨウラン

ほの暗い森の中で、ひっそりと咲くイチヨウランに出会いました。
周囲を探すとチラホラと、いくつかの株が見つかりました。
それらを見て回っているうちに、葉に黒い斑点がある個体を見つけました。
1枚目は普通の個体、2枚目は斑点のある個体、3枚目はその葉です。
葉に紫色の斑点があるタイプを、イチヨウランの品種で「ヒメウズラヒトハラン」と呼ぶようです。
ハクサンチドリに対する、ウズラバハクサンチドリと同じような位置づけで、
イチヨウランに対する、ヒメウズラヒトハランがこれだと思います。
(6月上旬撮影)
e0054067_20562617.jpg

e0054067_20562627.jpg

e0054067_20562765.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
by nekoppana | 2013-06-21 21:14 | ラン科 | Comments(2)
Commented by nekocchi1122 at 2013-06-23 16:21
自然に生える蘭は、とても神秘的ですね~~^^
手をかけて育つ蘭もいいですが、自然のものも・また好です♪
Commented by nekoppana at 2013-06-27 22:39
nekocchi1122さん、こんばんは。
胡蝶蘭など、手塩にかけて育てられた蘭も美しいですが、
自然の中でひっそりと咲く野生の蘭は、また格別な良さがありますよね。
イチヨウランも、そんな自然と調和した美しさが魅力だと思います。(^^)
←menuへ