紅葉唐松(モミジカラマツ)

モミジカラマツ(キンポウゲ科)
e0054067_7452910.jpg
花糸と呼ばれる糸状の雄しべが密生して、一つの花を形作っています。
この姿をカラマツに見立てたのでしょうが、葉の上に花糸がパラパラと落ちている様子も、カラマツの落葉にそっくりです。
カラマツソウの仲間の中では、葉がモミジのような形をしていることで区別できます。

水場へ向かう林道沿いに群生していました。
葉の緑色と白い花のコントラストが、湧き水の冷たさとともに印象に残りました。
e0054067_7454444.jpg


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
by nekoppana | 2006-08-10 08:02 | キンポウゲ科 | Comments(0)
←menuへ