東国鯖の尾(トウゴクサバノオ)

トウゴクサバノオ(キンポウゲ科)
e0054067_0514186.jpg
谷沿いの雑木林を散策して、トウゴクサバノオの花を見つけました。
小さな花ですが、花弁のように見える萼はクリーム色で独特の色合いです。
ひっそりした森の中では、トウゴクサバノオ・ニリンソウ・セントウソウなどの花が、競い合うように咲いていました。
e0054067_051538.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
by nekoppana | 2007-04-03 01:06 | キンポウゲ科 | Comments(2)
Commented by borancha at 2007-04-03 18:02
珍しい名前ですね。本当の花びらは無いのですか?
一見、一輪草か二輪草?と思ってしまいました。
どうして「鯖の尾」なんでしょうね?
Commented by nekoppana at 2007-04-04 01:51
boranchaさん、こんにちは。
花弁が無いのは、同じ科のニリンソウなんかと同じ特徴なんですが、花の大きさはずっと小さいです。
「鯖の尾」という名前は、果実の形がYの字になって、鯖の尻尾みたいに見えるところから付いたそうです。
既に「鯖の尾」になっている実もいくつかありました。
←menuへ