相模上臈杜鵑草(サガミジョウロウホトトギス)

サガミジョウロウホトトギス(ユリ科)
e0054067_812742.jpg
久しぶりに地元の丹沢の山を歩いてきました。
きつい思いをしてでも残暑の厳しい低山を歩いたのは、この時期にしか咲かない花に出会うためです。
サガミジョウロウホトトギスは山地で見かけるホトトギスの仲間で、“サガミ”の冠が付いた神奈川県の固有種です。
苦労の末たどりついた沢沿いで岩壁に黄色い花を見つけたときは、感動の一語に尽きます。
間近で観察できる株を探し、時間を忘れてレモンイエローの花を楽しみました。
(撮影日 9/8)
e0054067_813786.jpg

↓ 沢の景色はMoreをクリックしてご覧ください ↓



e0054067_8394899.jpg
涼しげな沢の流れの近くで咲いています。
下山のタイムリミットが迫るなか、後ろ髪をひかれる思いで“丹沢の貴婦人”に別れを告げました。

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
by nekoppana | 2007-09-13 08:48 | ユリ科 | Comments(4)
Commented by nekocchi1122 at 2007-09-13 18:32
とても美しいです。
葉っぱもホトトギスに似ていますが、お花が下向きになるんですね。
重いからでしょうか?
Commented by ルンバルンバ at 2007-09-13 19:37 x
nekoppanaさん、こんばんは。
実はまだ黄色のホトトギスというのを見たことがないのです。関東などではタマガワホトトギスなど珍しくもないでしょうが、こちらにはなかなかないのです。九州や四国に行けばあるようですが、いまだお目にかかれません。
ジョウロウホトトギスの仲間も紀伊半島とか宮崎県にはあるようですが、いまだにあこがれのままです。いいものを見せていただきました。
Commented by nekoppana at 2007-09-14 01:21
nekocchi1122さん、こんにちは。
葉はホトトギスによく似ていますね。
ジョウロウホトトギスと呼ばれる花被片が閉じるタイプは、下向きに咲くタイプが多いようです。
内部に水が溜まらないように・・・というのが理由ではないかと思ってますが、実際のところはどうなんでしょうね。。。(^^ゞ
Commented by nekoppana at 2007-09-14 01:34
ルンバルンバさん、こんにちは。
タマガワホトトギスは別の場所で見たのですが、暗い森の中での撮影はあきらめてしまいました。
ジョウロウホトトギスの仲間は、今回ようやく出会うことができました。
ツヤのある鮮やかな黄色が印象に残りました。
来年はスルガ・・・を探しに行こうと思ってます。(^^)v
←menuへ