黄花秋桐(キバナアキギリ)

キバナアキギリ(シソ科)
e0054067_836245.jpg
尾根沿いの登山道で、キバナアキギリの上品な黄色い花に出会いました。
シソ科の中では珍しい黄色い花は、森の中でひときわ存在感があります。
花の奥に見える紫色は退化した雄しべで、これをめがけて虫が頭を突っ込むと、本物の雄しべが上から降りてきて、背中に花粉を付ける仕組みになっています。
写真では分かりにくいのですが、暗紫色で糸のように長く伸びるのが雌しべです。
可憐な姿からは想像もできない“したたかさ”を知ると、2裂する雌しべが蛇の舌のように見えてきました。
(撮影日 9/22)
e0054067_8361563.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
by nekoppana | 2007-09-24 09:06 | シソ科 | Comments(4)
Commented by tanuki_oyaji at 2007-09-24 20:49
こんばんは~~♪
だまし討ちとは猪口才な!!
なかなかメカニックな仕組みになっているんですね。
でも、黄色い花は可愛いな。
Commented by nekoppana at 2007-09-25 07:05
たぬさん、こんにちは。
こうして見ると、「してやったり!」と喜んでいるような姿でもありますね。
それにしても、受粉のためにいろいろな手を考えているものだと感心します。
綺麗な花には・・・(^^ゞ
Commented by nekocchi1122 at 2007-09-25 23:16
きれいに咲いていますね^^
こちらの公園でも、あっという間に満開になりました。
撮ってきましたので早速アップしましょうっと!!
Commented by nekoppana at 2007-09-26 07:52
nekocchi1122さん、こんにちは。
ようやく平地にも秋の気配が漂うようになってきましたね。
ねこっちさんのキバナアキギリ、楽しみにしています!!
←menuへ