芹葉飛燕草(セリバヒエンソウ)

セリバヒエンソウ(キンポウゲ科)
e0054067_19285446.jpg
川沿いの土手で、帰化植物のセリバヒエンソウが群生していました。
この地域には多いと聞いていたので悩むことはありませんでしたが、手持ちの図鑑には掲載されていない種類です。
距が長くスミレやエンゴサクの仲間に似ていますが、スミレ科でもケシ科でもなくキンポウゲ科でした。
わかってしまえば間違えることのない、特徴的な花だと思います。
(撮影日 4/29)
e0054067_1929551.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
by nekoppana | 2008-05-05 19:47 | キンポウゲ科 | Comments(4)
Commented by borancha at 2008-05-06 16:20
セリバヒエンソウはブログで見たり読んだりはするのですが
自分の目で、じっくり見たことがありません
どこかの丘陵に見に行かないとだめでしょうね
Commented by nekoppana at 2008-05-06 19:29
boranchaさん、こんにちは。
セリバヒエンソウは奥多摩方面に多いようで、種子が流されたためか多摩川沿いで多く見られるようです。
近くへ出かけるようなことがあれば、探してみてくださいね。(^^♪
Commented by nekocchi1122 at 2008-05-07 23:11
こんばんは^^
こちらは公園に咲いているのですが、一箇所に集中して咲いています。でも、雑木林の中なので全部日陰なのです。
要するにピンボケといいたいのです・・フフ^^:
Commented by nekoppana at 2008-05-08 07:47
ねこっちさん、こんにちは。
公園で咲いているのですか、誰かが持ち込んだのかもしれませんね。
暗い日影での撮影は難しいですね~。
少し風でも吹こうものなら、ピンボケの写真だらけに・・・(^^ゞ
←menuへ