大三角草(オオミスミソウ)

オオミスミソウ(キンポウゲ科)
e0054067_0465540.jpg
今回の遠征の最大の目的は、このオオミスミソウを見るためでした。
関東でも見ることのできるミスミソウやスハマソウは、たいてい真っ白な花ですが、日本海側に分布するオオミスミソウは、白以外にも紫やピンクなど色とりどりの花を咲かせていました。
e0054067_047346.jpg
白い花でも雄しべの葯の部分は赤紫色で、なんとも華やかな雰囲気です。
オオミスミソウだけでなくカタクリやキクザキイチゲも加わって、林床を賑やかに彩っていました。
雪国の春に感動の一日でした。
(3月下旬撮影)
e0054067_0471570.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
by nekoppana | 2009-03-25 01:03 | キンポウゲ科 | Comments(2)
Commented by Treehouse-in-k at 2009-03-25 21:16
うわぁ、かわいい。何とも好みの花です。
昨年秋に私も雪割草の苗を植えたのですが、雪が少なくて地面が
何十センチも凍ってしまう軽井沢ではダメだろうと言われました。
特に今年は雪が少なかったので、望み薄です…(;_;)。
猫っ花さん、ほんとに山野草にお詳しくて、大変勉強になります。
Commented by nekoppana at 2009-03-26 01:14
Treehouse-in-kさん、こんにちは。
軽井沢では育たないんですか!
オオミスミソウが日本海側に多いのは、海の近くの方が気温が高いからなんですね。
植物の世界は奥が深くて、まだまだ勉強中なのですが、少しでもお役に立てるとしたら嬉しいです。(^^ゞ
←menuへ