カテゴリ:キンポウゲ科( 88 )

e0054067_0441416.jpg
道路脇の草地で、センニンソウが花盛りでした。
旺盛に伸ばした蔓に、たくさんの花を咲かせています。
電車の車窓からも、センニンソウの白い花が土手を覆う光景を見かけるようになりました。
急に秋めいた天候に、植物たちも大急ぎで秋支度をし始めたように思えました。
(8月下旬撮影)
e0054067_0442526.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ヒメイチゲ(キンポウゲ科)
e0054067_23334257.jpg
高山帯の日当たりの良い場所で、ヒメイチゲの花に出会いました。
小さな白い花を、ポツリポツリと咲かせていました。
キンポウゲ科の花としては、控えめなタイプかもしれません。
かわいい花なのですが、道行く人たちで気にかける人は少ないようでした。
(6月中旬撮影)
e0054067_2333484.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ミツバオウレン(キンポウゲ科)
e0054067_1403098.jpg
急坂を登りぐんぐんと標高を上げていくと、ミツバオウレンの花が目につくようになってきました。
写真の花をよく見ると、かぎ状の雌しべが長く伸び始めています。
最初の頃は終わりかけの花が多かったものの、さらに標高を上げるとまさに花盛りでした。
可憐な花に励まされて、きつい登りも順調にこなすことができました。
(6月中旬撮影)
e0054067_1403754.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
  ただいま東北遠征の写真を紹介中です!  
アズマシロカネソウ(キンポウゲ科)
e0054067_23153853.jpg
ある峠を越える道に入ったとたん、積雪通行止めの看板が出ていました。
仕方なく車を展開させたちょうどその場所で、道路の側溝脇にアズマシロカネソウの群生を見つけました。
クリーム色の萼片に、紫褐色の模様が絶妙なバランスです。
撮影のため群れ咲く花に顔を近づけると、意外にもサンオイルのようなエキゾチックな香りがしました。
(5月上旬撮影)
e0054067_23154642.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ニリンソウ(キンポウゲ科)
e0054067_134038.jpg
やや湿り気の多い場所では、あちこちでニリンソウの花を楽しめる時期になりました。
朝早いうちはまだ開いていない花も、日が高くなるにつれ次第に花開いてゆきます。
端正な白い花が群れ咲く姿は、まさに春の盛りを感じさせる光景です。
(3月下旬撮影)
e0054067_135219.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
オオミスミソウ(キンポウゲ科)
e0054067_0465540.jpg
今回の遠征の最大の目的は、このオオミスミソウを見るためでした。
関東でも見ることのできるミスミソウやスハマソウは、たいてい真っ白な花ですが、日本海側に分布するオオミスミソウは、白以外にも紫やピンクなど色とりどりの花を咲かせていました。
e0054067_047346.jpg
白い花でも雄しべの葯の部分は赤紫色で、なんとも華やかな雰囲気です。
オオミスミソウだけでなくカタクリやキクザキイチゲも加わって、林床を賑やかに彩っていました。
雪国の春に感動の一日でした。
(3月下旬撮影)
e0054067_0471570.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
オウレン(キンポウゲ科)
e0054067_0552719.jpg
オウレンの仲間は往々にして群生することが多いようで、今回も登山道沿いで咲き乱れるオウレンに出会うことができました。
“オウレン”というと、オウレン属全体を指すのか、独立種としてのオウレンを指すのか紛らわしいところです。
訪れた地域では、別名キクバオウレンと呼ばれる写真の花が一般的で、地元の方はみなこの名前で呼んでいました。
似たようなケースに“スミレ”も当てはまりますが、キクバオウレンのように別名があればわかりやすいと思いました。
(3月下旬撮影)
e0054067_0553445.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
スハマソウ(キンポウゲ科)
e0054067_1125329.jpg
ここ数年は、この時期になると訪れる山域で、今年もスハマソウの花に出会うことができました。
まだ少し早い時期でしたが、きれいに開いた花を見つけたときは、思わず笑顔になってしまいます。
可憐な花だけでなく、丸みを帯びた葉も魅力的です。
(2月中旬撮影)
e0054067_113063.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ヒメウズ(キンポウゲ科)
e0054067_129678.jpg
ヒメウズの花にも、今年は早々に出会うことができました。
俯いて咲く姿は、一見すると小さくて地味に見えるかもしれません。
ところがよく見ると、オダマキの仲間だとわかる精巧なつくりをしています。
早春に出会うのが楽しみな花の一つです。
(2月上旬撮影)
e0054067_1291245.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
コセリバオウレン(キンポウゲ科)
e0054067_235848100.jpg
そろそろ花の時期と思い、昨年目をつけていた場所を訪れてみました。
辿りついたひと気のない斜面では、コセリバオウレンの花が満開です。
想像していた以上に数の多い群落で、可憐な花があたり一面で咲き乱れていました。
お気に入りの場所が、また一つ増えました。
(2月中旬撮影)
e0054067_23585731.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ