カテゴリ:バラ科( 55 )

訪れた湿原は、初夏の花から盛夏の花へ入れ替わる、ちょうど境目にあたるところでした。
色とりどりの花が咲き乱れる、というほどの光景ではないものの、少し探せば様々な花を楽しむことができます。
木道の脇で紫褐色の花を咲かせる、クロバナロウゲに出会いました。
その独特な花との出会いは実に久しぶりです。
まだまだ蕾がたくさん控えていて、次々に咲きそうな気配でした。
e0054067_21453722.jpg

e0054067_21453358.jpg

e0054067_21452598.jpg


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~

[PR]
森の中を通る道路沿いで、低木の白い花が賑やかに咲いていました。
庭木にも使われるコデマリによく似ていますが、アイヅシモツケという自生種です。
同じ仲間なので似ているのも納得ですが、コデマリよりも雄しべが長いので、賑やかな雰囲気で咲いていました。
シモツケと言えば紅い花を想像しますが、白いシモツケも良いものです。
(5月下旬撮影)
e0054067_20594868.jpg
e0054067_20594895.jpg
e0054067_20594914.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~


[PR]
少し標高の高い山へ行けば、この時期でもまだ桜の花見ができます。
桜の花見といってもソメイヨシノではなく、咲いていたのはウワミズザクラでした。
白い花を筒状につけて、遠くから見るとまるでブラシのようです。
すぐ近くでは、また違う種類の桜、ミヤマザクラ(3枚目の写真)が咲いていました。
亜高山帯ではまだまだお花見ざかりです。
(5月下旬撮影)
e0054067_23315811.jpg
e0054067_23315884.jpg
e0054067_23315882.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
たまたま通りかかった道路際に満開の桜を見つけて、Uターンして夜桜見物となりました。
神社の境内でライトアップされていたのは、見事なエドヒガンの桜の木でした。
まさに見頃の桜との偶然の出会いに、ちょっと得した気分になります。
ようやく暖かくなって、東京でもソメイヨシノが咲き始めました。
待望の春の花も、これから続々と咲き始めることでしょう。
(3月下旬撮影)
e0054067_21030584.jpg
e0054067_21030533.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
少しでも春の気配を感じ取りに、カワヅザクラを見に行きました。
2月下旬に出かけたこの日、花の盛りにはまだ少し早かったようですが、
早咲きのカワヅザクラは以前に比べて、近場でもずいぶんと見かけるようになりました。
高台から見る向こう側の山々は、例年では考えられないほど雪で覆われていました。
北風が吹くとこごえるような寒さでしたが、土手ではヒメウズの花が咲き始めていました。
よく見れば、キュウリグサの小さな花ももう少しで咲きそうです。
どんなに寒くても、春は確実に近くまで来ているのだと実感できました。
(2月下旬撮影)
e0054067_18580271.jpg
e0054067_18580288.jpg
e0054067_18580232.jpg


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~

[PR]
高山帯で赤い色の花穂を垂らして、カライトソウが咲いていました。
色は違うものの、その姿は高山帯の“ネコじゃらし”のようです。
前回紹介したタカネトウウチソウとは異なり、花は先端から根元へ向かって咲き進みます。
道々で赤い穂が揺れる高山帯は、素晴らしい花の道でした。
(8月中旬撮影)
e0054067_22412929.jpg

e0054067_22403458.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_22243120.jpg
登山道沿いでは、白いヒゲが生えたような、タカネトウウチソウが咲いていました。
この花は、花穂の下から上に向かって咲き進んでいきます。
ということは、上の写真は終盤の花、下の写真は咲き始めの花ということになります。
同じ種類の花でも、咲き始めの頃と終わりかけの頃では、違った印象の花になると思いました。
(8月上旬撮影)
e0054067_22243274.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_2001522.jpg
寒い日が続いていますが、カンザクラの花が見頃になってきました。
カンザクラは、カンヒザクラとヤマザクラを親に持つ品種と言われているようで、
写真の花は、このエリアから名前をとった「アタミザクラ」と呼ばれている種類です。
朝一番の公園には、アタミザクラの花の蜜を吸いに、たくさんのメジロが訪れていました。
(2月中旬撮影)
e0054067_2001232.jpg

e0054067_2001683.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_18224416.jpg
秋晴れになったある日、久しぶりに近所の公園を訪れてみました。
広場に着くと、秋咲きのジュウガツザクラの花が咲いています。
春のソメイヨシノのような豪華さはありませんが、パラパラと咲くのも秋の風情のうちでしょうか。
秋の桜の雰囲気を出すために、どうにか紅葉をバックにして撮影することができました。
(11月中旬撮影)
e0054067_18223364.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_2363865.jpg
岩場を黄色に彩るキンロバイに出会いました。
鮮やかな黄色は、高山帯の強い日差しに輝いてまぶしいくらいです。
思わず笑みがこぼれますが、明暗の差が大きすぎて写真に収めるにはひと苦労でした。
(7月下旬撮影)
e0054067_237027.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
←menuへ