カテゴリ:ユリ科( 94 )

ハコネザサが生い茂る稜線で、サルトリイバラの赤い実がなっていました。
冬枯れた季節のなかで、鮮やかな赤い色が良く目立っていました。
今年も残りあと僅かです。
なかなか思うように記事を更新することができなかったのですが、
訪れてくれた人がいましたら、どうもありがとうございました。
こんなペースで続けていますが、これからもどうぞ宜しくお願いします。
それでは、みなさま良いお年を~!
(12月下旬撮影)
e0054067_147099.jpg

e0054067_1471679.jpg


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ←
[PR]
日本海側の低山を歩いてきました。
カタクリやショウジョウバカマはもう終わっていましたが、トキワイカリソウのクリーム色や
オオイワカガミのピンク色が登山道の両脇を彩ります。
そんな華やかな花ほどは目立たないものの、足元では若々しい葉を繁らせたチゴユリの花が
群れ咲いていました。
次から次へと移り変わる花々に、雪国の春を満喫した一日でした。
(4月下旬撮影)
e0054067_23250963.jpg
e0054067_23250966.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~


[PR]
e0054067_12412837.jpg
キイジョウロウホトトギスに出会ったのは、もう半月以上も前のことになります。
日差しが届かないような沢沿いの湿った岩壁で、垂れ下がって黄色い花を付けて咲いていました。
ほとんどが手の届かない高い場所に付いていて、真下から見上げると赤紫色の斑点が見えました。
キイジョウロウホトトギスの花に囲まれて、いつまでもそこにいたくなるような場所でした。
(10月中旬撮影)
e0054067_12412294.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
清涼な沢の流れのすぐ横で咲く、スルガジョウロウホトトギスに出会うことができました。
岩壁から下垂する茎の先端に、筒形の黄色い花を吊り下げて咲いていました。
サガミジョウロウホトトギスよりは、心なしか小ぶりな印象を受けました。
ひっそりとした山の中で、こんな美しい花が咲く光景が、いつまでも続くことを願うばかりです。
(9月上旬撮影)
e0054067_2155112.jpg

e0054067_2155587.jpg

e0054067_21551287.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
麓の湿原から急登の登山道を延々と歩きます。
坂はキツイものの、樹林帯は早々に終わり、高山植物を楽しみながらの登りです。
山頂までもうひと息の高さまで登ってくると、オゼソウが出迎えてくれました。
帰路に通りかかった草地では、登山道を挟んで斜面一面に広がって咲いていました。
蛇足ですが、新しい分類では、サクライソウ科に分類されていることを知りました。
(8月上旬撮影)
e0054067_22341920.jpg

e0054067_22341423.jpg

e0054067_22341449.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
蒸し暑い中での林道歩きも、花を楽しみながらであれば少しは気が紛れます。
強い香りが漂ってくると、重そうな花を付けたヤマユリが出迎えてくれます。
見上げると、林道の壁からせり出して咲く花の周りを、アゲハ蝶が舞っています。
アゲハは飛ぶ姿しか捉えることができませんでしたが、シックな色合いのスミナガシは地面で休息するところを撮影できました。
(7月下旬撮影)
e0054067_0483691.jpg

e0054067_0483617.jpg

e0054067_0483969.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
若葉が眼に鮮やかな、林道を歩きました。
道路の両脇は数も種類もたくさんの野草にあふれていて、花を楽しみながら歩くには良い季節です。
そんな中、クルマバツクバネソウが咲いているのを見つけました。
丸く輪生する葉の中心から、目立ちはしませんが独特な花を咲かせています。
ユリ科として馴染んできた種類ですが、新しい分類では「シュロソウ科」に属するようです。
エンレイソウ・バイケイソウ・ショウジョウバカマあたりが、同じシュロソウ科に分類されています。
(5月下旬撮影)
e0054067_22564123.jpg

e0054067_22564645.jpg

e0054067_22564264.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_046166.jpg
下山後に桜の花に誘われて、寄り道をしてみました。

[PR]
e0054067_212323.jpg
高山帯を歩いていると、広場のように開けた草地に出ました。
周囲ではたくさんの花が咲いていて、荷物を下ろして撮影に勤しみます。
そんな草地でクロユリが咲いているのを見つけました。
目が慣れてくると、周囲のあちこちに咲いていました。
花の色は目立たないのですが、存在感は独特なものを持っている花だと思います。
(8月中旬撮影)
e0054067_2123293.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_22374314.jpg
以前歩いた山で実を見つけて、いつか花の時期に訪れようと思っていた場所へ出かけました。
図鑑で見る姿形は、高原などで出会うことの多いネバリノギランによく似ています。
以前出会った草地に出ると、ネバリノギランにそっくりなソクシンランが咲いていました。
小さな小さな花ですが、よく見るとなかなか可愛い花でした。
(6月中旬撮影)
e0054067_2238247.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
←menuへ