カテゴリ:アヤメ科( 6 )

e0054067_2347955.jpg
昨日紹介したヒオウギアヤメによく似た、カキツバタの花が湿原を紫色に染めていました。

[PR]
e0054067_2340934.jpg
湿原が色とりどりの花で彩られる季節になりました。
この日、湿原へと続く木道に足を踏み入れると、まず最初に出迎えてくれたのがヒオウギアヤメでした。
網目模様が美しい、紫色の花が伸びはじめた湿原の草むらの中でよく目立っていました。
(7月上旬撮影)

より大きな写真は「猫っ花・写真館」でお楽しみください。
e0054067_23481071.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_8483965.jpg
山の中ほどにポッカリと広がる湿原は、様々な花の楽園です。
よく目立つのはアヤメの花で、ワレモコウなどと共に咲き誇ります。
湿原を見下ろす丘に上がってみると、草原を紫色に染め上げる見事な群落が広がっていました。
(7月中旬撮影)
e0054067_848385.jpg


アヤメの群落はこちらから。。。
[PR]
シャガ(アヤメ科)
e0054067_2265682.jpg
林道脇の斜面は、咲き始めたシャガの花で賑やかな装いでした。
アヤメの仲間らしい、大きくて豪勢な花は貫禄さえあります。
土手に身を乗り出して撮影していたら、3匹のヤマヒルにたかられてしまいました。
ヤマヒルは嫌われ者ですが、小さな守り神として花々を守っているのだと思いました。
(4月中旬撮影)
e0054067_227471.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ノハナショウブ(アヤメ科)
e0054067_23251271.jpg
鬱蒼とした森を抜け、強い日差しが降りそそぐ草原に出ました。
真っ先に目に入ったのは、ノハナショウブの花でした。
むせ返るような草いきれの中で、凛とした姿で咲いていました。
図鑑などでは綺麗に群生する写真を見かけるのですが、この場所では1本ずつしか咲いていませんでした。(そうそう都合良く出会えるものではありませんね)

咲いていた場所は違いますが、「かえで☆さんのデジブラ日記~♪」でも紹介されてますので、ご覧ください。
e0054067_2341630.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
シャガ(アヤメ科)
e0054067_23144416.jpg


e0054067_2315898.jpg
道の脇に並ぶシャガが、見頃を迎えていました。
群生することが多いようで、咲いている場所では豪華な雰囲気を醸しています。
こういうゴージャス(?)な花を撮るのは苦手で、撮影は悪戦苦闘でした。



 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ