カテゴリ:カエデ科( 6 )

e0054067_21422372.jpg
特定のエリアだけに自生するいくつかの植物を追いかけて、中部地方へ遠征してきました。
最初に出会ったのは、ハナノキという馴染みの薄い花でした。
カエデ科の仲間なのですが、葉が展開する前に赤い花を付ける姿を見て、フサザクラと間違えました。
見慣れると花の付き方や樹形も違うので、遠目でも区別がつきそうです。
朝日が当たって赤く輝く姿は、まるで燃えているかのようでした。
(3月下旬撮影)
e0054067_21422473.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_104359.jpg
冬時の山の北側の麓では、おうおうにして薄暗い森の中を歩くことになります。
ある谷沿いに差し掛かると、そんな薄暗い森でイロハモミジの鮮やかな黄色が飛び込んできました。
日が射しこんで、スポットライトが当たったように浮かび上がっていました。
その時の全景は「猫っ花・写真館」の大きな画像でご覧ください。
(12月中旬撮影)
さて少し早いですが、年内の投稿はこれで最後になる予定です。
コメントをいただいた方々をはじめとして、訪れていただいた皆様、本当にありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたします。
e0054067_10518.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
「2009年版・今年出会った花ベスト集」募集中です。詳しくはコチラまで。


e0054067_0171445.jpg
近所の自然公園では、イロハモミジの紅葉が盛りをむかえていました。
赤、オレンジ、黄色と、色とりどりに色付いて、目を楽しませてくれます。
木々の下に入り込んで見上げてみると、空が燃えているかのようでした。
(11月下旬撮影)
e0054067_0172493.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
オガラバナ(カエデ科)
e0054067_722507.jpg
穂状に直立する木の花を見つけて、路肩に車を停めて観察です。
近づいてみると、カエデの仲間のオガラバナの花でした。

花序がニョキニョキと生えている姿が、動物的でとても面白いと思いました。
残念ながら花を間近で観察することはできなかったのですが、望遠で狙うとカミキリムシが止まっているのが見えました。
e0054067_723115.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ホソエカエデ(カエデ科)
e0054067_012380.jpg
前回紹介したヒメレンゲを撮影した沢筋で、ふと顔を上げて気づいたのがこのホソエカエデの花でした。
沢に覆いかぶさるように張り出した枝から、緑白色の花序をたくさんぶら下げていました。
カエデの仲間の花はどれも想像以上に魅力的ですが、じっくり見る機会は意外と少ないように感じます。
流れに落ちないように、気を使いながらの撮影となりました。
e0054067_012148.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ウリカエデ(カエデ科)
e0054067_21282652.jpg
風通しの良い尾根沿いの道を歩いていたら、見慣れない花が目に入ってきました。
若葉の下に、味わい深い色合いの花がぶら下がっています。
自宅に帰って調べたところ、カエデの仲間であるウリカエデの花でした。
e0054067_21283779.jpg
強風が吹きつける尾根の上で、風のやむ一瞬を待ってなんとか写真に収めることができました。
ところが、よく見ると写真にホコリの影が・・・
「あれだけ風が強い中での撮影では、そういうこともあるさ」と自分を納得させました。(涙)
e0054067_21284693.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ