カテゴリ:センリョウ科( 4 )

e0054067_0134748.jpg
今年の初歩きは、近所に点在する里山を、つないで歩いてみることにしました。
通して歩いてみると、自然公園として保護された里山以外の自然は、次々と住宅地などに姿を変えていく様子がよくわかりました。
今残されている自然が、少しでも長く残ってほしいと願うばかりです。

最初の里山で出会ったのが、センリョウの赤い果実でした。
よく似たマンリョウはぶら下がるように付きますが、センリョウは上向きに付くので勢いを感じます。
この周辺の森の中だけで見かけたのですが、近隣の住宅地の庭から逃げ出してきたものかもしれません。
今年の初撮りの植物になりました。
(1月上旬撮影)
e0054067_0134931.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_04163.jpg
山道を歩いていると、先々でフタリシズカの花が咲いていました。
花穂には粒状の白い花が並んでいます。
つぼみのようにも見えますが、3個の雄しべが雌しべを覆うように咲いている姿なのです。
近くで観察してみると、確かに3つに分かれているのを確認することができました。
(6月中旬撮影)
e0054067_0412365.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_23481718.jpg
桜の花びらが舞い散る斜面に、ヒトリシズカの花が咲いていました。
ちょうど咲き始めたばかりでみずみずしく、青々とした葉の間から顔をのぞかせています。
この山ではちょうど、桜からヒトリシズカに花のリレーをバトンタッチしたところでした。
(4月中旬撮影)
e0054067_23482796.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ヒトリシズカ(センリョウ科)
e0054067_1111189.jpg
静御前に由来する、なんとも優雅な名前の花です。
落ち葉の積もる場所で、いくつもの群れを作って咲いていました。
アップの写真を見て気付いたのですが、葉の周囲の細かい鋸歯が思いのほか鋭いです。

“静”から受ける印象かもしれませんが、林の中でひっそりと咲く姿似合う花だと思いました。
e0054067_1112282.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ