カテゴリ:ミカン科( 7 )

e0054067_23401063.jpg
登山道脇の斜面に、ミヤマシキミの花が咲いていました。
白い花も綺麗ですが、蕾の頃の赤味がかった色合いも趣があります。
この花が咲く頃の山歩きは、花も多く楽しいものです。
(4月中旬撮影)
e0054067_23401146.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
「2009年版・今年出会った花ベスト集」募集中です。詳しくはコチラまで。


e0054067_1333739.jpg
山頂の広場で気になったもう一つが、このサンショウの実です。
料理でおなじみな葉の根元から、赤というより紅に近い色の実を付けていました。
撮影終了後に、軽く葉に触れて独特の強い香りを楽しみました。
(10月中旬撮影)
e0054067_1334743.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_22444357.jpg
下山途中に暑さをしのごうと、沢に下り立ちました。
冷たい水で顔を洗って見渡すと、河原にマツカゼソウが咲いていました。
吹き渡る風が心地よく、沢の流れを眺めながらすっかり長居してしまいました。
この花が目立つようになると、迫りくる秋の気配を感じます。
(8月中旬撮影)
e0054067_22445212.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
カラスザンショウ(ミカン科)
e0054067_1918213.jpg
幹にイボ状の突起が付いた、カラスザンショウの木が立っていました。
鋭い棘の名残りが、アーティスティックな模様を作り出します。
凹凸に浮き出た陰影が美しくて、思わず撮影した1枚です。
(12月上旬撮影)

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
コクサギ(ミカン科)
e0054067_22195069.jpg
黄色く色付いた葉が、林の中でひと際目立っていました。
葉の並び方に特徴のあるコクサギの黄葉です。
2枚ずつ互生する姿は、そのものズバリ「コクサギ型葉序」と呼ばれます。
皺の刻まれた果実が、そろそろ弾けようという頃合いでした。
(12月上旬撮影)
e0054067_22195935.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ツルシキミ(ミカン科)
e0054067_0204649.jpg
積もった雪に押し付けられるように、地面近くで赤い実をつける低木を見つけました。
てっきりミヤマシキミだと思っていましたが、幹が地面を這うことからツルシキミの方じゃないかと思います。
雪の重さをはねのけるように、赤い実をもたげていました。
(撮影日 3/16)
e0054067_0205967.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ミヤマシキミ(ミカン科)
e0054067_1442722.jpg
手持ちの図鑑の説明には、「林下に生え、早春にひっそりと開花」とあります。
(「樹に咲く花」山と渓谷社より)
薄暗い林の下で咲く姿は、まさに“ひっそり”という表現がぴったりでした。
写真は雄株になりますが、集まって咲く花の一つ一つはなかなか魅力的な容姿です。
ミカン科の花だからかもしれませんが、柑橘系を思わせる良い香りがしました。
e0054067_1444485.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ