カテゴリ:イラクサ科( 4 )

e0054067_21573742.jpg
人里近くを歩いていると、足元にカテンソウの花を見つけました。
よく見ると、周囲の草地はカテンソウの群落です。
ここの花を見ながら、水辺で蕾をつけていた株を思い出し、その場所へ向かいます。
流れの側でようやく開き始めたカテンソウにも出会うことができました。
(4月中旬撮影)
e0054067_21573535.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_20544835.jpg
この日、山に入って最初に出会ったのがヒメウワバミソウでした。
朝まで雨が残ったせいか林内は薄暗かったのですが、そんな中で生き生きと咲いていました。
目立つような花ではないですが、葉の雰囲気とマッチした素敵な花です。
(6月中旬撮影)
e0054067_2055413.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ラセイタソウ(イラクサ科)
e0054067_9124674.jpg
海岸沿いの遊歩道でラセイタソウの花が咲いていました。
花はとても地味なのですが、ざらついた葉はいつ見ても面白いです。
海沿いであればどこでも見られるのかと思っていましたが、北海道南部から紀伊半島までの太平洋沿いに分布するようで、ちょっと意外でした。

イラクサ科の草は地味なものが多いですが、ラセイタソウに限っては特徴的な葉のおかげか、海岸の岩場でとても存在感がありました。
e0054067_9125534.jpg

この時期にしては珍しく海岸の花を紹介しましたが、次回からはまた高山植物の紹介が続くことになると思います。
 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ウワバミソウ(イラクサ科)
e0054067_0322111.jpg
薄暗い樹林の中で、ウワバミソウの花がひっそりと咲いていました。
イラクサ科の花は地味なものが多いですが、ウワバミソウもご多分に洩れず地味な花を咲かせます。
おどろおどろしい名前のイメージとは違い、地味ながらも面白い姿をしています。
ちなみに写真は雄花ですが、雌花はもっと地味な花でした。
e0054067_0323084.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ