<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ハコネシロガネソウ(キンポウゲ科)
e0054067_011738.jpg

タイトルに・・・“と思う”と付けたのは、今ひとつ自信が持てないからです。

今回この花を見て「小さい!」と思いました。
シロガネソウと比較すると花も株も明らかに小さく、葉は丸味を帯びています。
これこそハコネシロガネソウだ、と一人納得しているのですが。

もし間違ってたら、どなたかご指摘ください。
e0054067_06766.jpg
e0054067_061778.jpg

[PR]
ホウチャクソウ(ユリ科)
e0054067_013245.jpg

“宝鐸”とは寺院の軒先に吊り下げられている、鈴のことだそうです。
ピンとこないので調べてみたら、確かに似てるかもしれません。
法隆寺五重塔あたりがわかりやすいでしょうか、屋根の四隅にぶら下がってます。

花は株によって大きさもマチマチで、1つ~3つくらいの花を付けてました。
[PR]
アカバナヒメイワカガミ(イワウメ科)
e0054067_1241585.jpg

イワカガミの仲間(イワカガミ属)のうち、関東地方南部で見れるのは、このアカバナヒメイワカガミが典型でしょうか。
咲いている場所では、大きな群落を作っていました。
五月晴れの日差しを受けて、目にも鮮やかな紅色の群れに感嘆!
e0054067_131825.jpg

e0054067_1312133.jpg

[PR]
コウグイスカグラ(スイカズラ科)
e0054067_1574498.jpg

今回は珍しく木の花です。

薄黄色の花を、2つずつぶら下げています。
まるでアベックがたくさん集う公園のようです。
(ヘンなたとえでゴメンナサイ。。。)

ちなみに、チチブヒョウタンボクとか、ヒメヒョウタンボクという別名も持ってます。
e0054067_28072.jpg

[PR]
タニギキョウ(キキョウ科)
e0054067_2461963.jpg

山を歩いていると、足元で咲く小さな花をよく見かけます。
タニギキョウもそんな花の一つです。

しばし座り込んで花を覗き込みます。
よく見ると繊細でハイセンス(?)な花でした。
[PR]
コイワザクラ(サクラソウ科)
e0054067_0285423.jpg

ダメモトで見に行ったら、かろうじて花が残っていました。
昨日の雨にも負けず、咲いていてくれてアリガトウ!

Blogで情報をくださった、ridge_lineさんにも感謝です。 <(_ _)>
e0054067_035571.jpg

[PR]
シュンラン(ラン科)
e0054067_1325335.jpg

シュンランの名の通り、春先に咲くランの花です。
初夏の陽気を思わせる地域では、少し季節はずれな気もするでしょう。

雪の多い今年は、北国に春が訪れるのが遅かったのでしょうか。
5月の連休にシュンランに出会えるとは思いませんでした。
e0054067_1402642.jpg

[PR]
キクザキイチゲ(キンポウゲ科)
e0054067_0171656.jpg

とある林道を車で走っているときに、道端の斜面に咲いているのを見つけました。
薄紫色を風になびかせて咲く姿は、雪国の春を彩る上品な華やかさを醸していました。
e0054067_023492.jpg

[PR]
サワハコベ(ナデシコ科)
e0054067_14445.jpg

ハコベというと、鳥の餌を連想してしまいます。
特別に目立つ花ではありませんが、山に咲くハコベは野のそれよりも
少しだけ可憐な気がしました。

同じハコベでもいろいろな花があります。
仲間のミヤマハコベはこちらからどうぞ。
(Flower Photo*2 野の花さんの、裏高尾の花 2にTBしてます)
e0054067_1111673.jpg

[PR]
コシノコバイモ(ユリ科)
e0054067_10425619.jpg

週末は天気が悪い予報だったので、出かけるのを諦めていました。
朝起きたら意外にいい天気で、外出したくなる気持ちをグッとこらえて、
連休に撮影した写真の整理に専念してます。

というわけで、連休に新潟でみかけたコシノコバイモです。

名前は越後に咲くコバイモという意味で、
花被片の横のヒゲのような突起が特徴です。
コシノ・・・という名前は他にもあるようですが、
日本酒を連想しちゃいました。
[PR]
←menuへ