<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

イワウメ(イワウメ科)
e0054067_8473471.jpg
高山の岩場に咲く花の中でも、イワウメは最も目立つ花ではないでしょうか。
梅雨の晴れ間の強い日差しに、まぶしく輝いていました。

薄黄色のイワウメは好きな花の一つです。


e0054067_8515520.jpg


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
クモキリソウ(ラン科)
e0054067_1243271.jpg

なんとも奇妙な形の花を咲かせますが、よく見ると確かにランの花です。

クモキリソウに良く似た花で、ジガバチソウ(似我蜂草)というのがあります。
北国の花鳥風月』さんのブログでちょうど紹介されていましたので、
見比べてみてください。

どちらの花も、淡緑色と黒褐色の花があるそうです。
クモキリソウは唇弁が下に反り返り、ジガバチソウは尖った唇弁が伸びているので
見分けることができます。
e0054067_1254239.jpg


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
コメバツガザクラ(ツツジ科)
e0054067_23594550.jpg

ツガザクラと同じように、高山の岩場に咲く花です。
米粒のような葉をしているところから、米葉の名前がついています。
岩場の隙間に根を張り、強風にも耐えて逞しく咲いていました。

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
イチヨウラン(ラン科)
e0054067_010360.jpg

名前どおりの一枚の葉をつけるランの花です。
正面から見ると、何か問いかけてくるような表情をしています。

下山中の薄暗い林の中、足元で咲いていました。
e0054067_0162592.jpg


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ジンヨウイチヤクソウ(イチヤクソウ科)
e0054067_1371028.jpg

“腎葉”の名の通り、腎円形の葉を持つイチヤクソウです。
葉はその形よりも葉脈に沿って白い斑が入ることで、
ジンヨウイチヤクソウを特徴づけています。
スーッと伸びた茎の先に、下向きに咲かせる小さくて丸い花は、
少し黄みがかっていました。

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ヒメイチゲ(キンポウゲ科)
e0054067_061753.jpg

ヒメイチゲというだけあって、イチゲの仲間としては小さくて弱々しい感じの花です。
ですが群れて咲いている様子は、今どきの亜高山帯を白い花で賑わせてくれていました。
e0054067_013471.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
トガスグリ(ユキノシタ科)
e0054067_0185183.jpg

地を這うようなモミジ葉の木に、チャルメルソウのような風変わりな花がついていました。
トガスグリという、スグリの仲間でした。

やがて赤い実をつけるようですが、他のスグリの実と同じように食用になるかは不明です。
e0054067_0343290.jpg


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ツガザクラ(ツツジ科)
e0054067_22361891.jpg

ツガザクラというと、知らない人が聞けばソメイヨシノに代表される
桜の姿を思い浮かべるかもしれません。
ツガザクラはツツジの仲間で、高山帯の岩場に咲く小さな花です。

非常に小さな花ですが、咲いている姿を見ると嬉しくなります。
厳しい環境の中でも、健気に咲く姿に心を打たれるからでしょうか。

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ミツバオウレン(キンポウゲ科)
e0054067_0254773.jpg

今回はオウレンの仲間を2つ。
同じオウレンの仲間でも、ずいぶんと違うものです。

上の写真は、この時期の亜高山帯では比較的よく見かけるミツバオウレン。
雨などで痛みやすい繊細な花という印象があります。

下の写真は、花自体が繊細な雰囲気のウスギオウレン。
名前どおりの薄黄色がなんとも儚げでした。

この時期に同時に見れたのは、雪解けが遅かったためかもしれません。
だとしたら、ラッキーですね。

ウスギオウレン(キンポウゲ科)
e0054067_056317.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
タケシマラン(ユリ科)
e0054067_8534732.jpg

タケシマランという名前ですがユリの仲間です。
山を登り始めたときは花も落ちて実がつき始めていましたが、
標高をかせぐにつれ花が残るようになりました。

ぶら下がって下向きに咲くこの花を撮るのは一苦労でした。
いろいろ考えましたが、結局は仰向けに寝っころがって下からパチリ。

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ