<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

リンドウ(リンドウ科)
山を歩いていても、あまり花を見かけない季節になりました。
低山でも少し標高を上げると、咲いている花はめっきり少なくなります。
そんな中最後に盛りを迎えるのは、このリンドウの花でしょうか。
デジカメで撮影し拡大してみると、花冠に斑点があることがよくわかります。
e0054067_0461813.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ムラサキセンブリ(リンドウ科)
e0054067_0242216.jpg
いつも見ているブログでムラサキセンブリの花が紹介されていました。
どうしても実物が見たくなったので、関東近辺で咲いている山を探して行ってきました。
ススキの斜面を登っていくと、可憐に咲く紫色の姿がチラホラと。
感激の対面をはたすことができました。
実物は想像以上に毛深かったのも、印象に残りました。
e0054067_0243718.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ヤマラッキョウ(ユリ科)
e0054067_22213698.jpg
いかにもネギの仲間を思わせる形状の、ヤマラッキョウの紅紫色の花が咲いていました。
朝の陽射しを斜めに受けて咲く姿に、ファインダー越しに思わずウットリです。
思い返せば、陽の光を浴びて咲く花の撮影は久し振りです。
この日も午後には雲が湧き出して太陽を覆ってしまい、花の撮影には早起きがいちばんだと、あらためて思わされた一日でした。
e0054067_22214763.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ナギナタコウジュ(シソ科)
e0054067_8194453.jpg
薙刀(なぎなた)のような花に強い香りと、よく特徴をあらわした名前です。
本来はもっと大きくなるのですが、きれいに咲いていたのは写真のような、小さな小さな株でした。
いやに毛深いと思っていたのは、毛ではなく花冠のふちが細かく裂けたもののようです。
どちらにしろ毛深く見えるのは変わりませんが・・・
e0054067_819562.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ナガバシュロソウ(ユリ科)
e0054067_0333661.jpg
別名をホソバシュロソウというだけあって、シュロソウと比較して細長い葉に特徴があります。
それ以外にも、シュロソウは花柄が短く茎に寄りそって花が咲きますが、ナガバシュロソウは花柄が長くまばらに散らしたような花の付き方をします。

ひょろっと伸びた茎の先には、緑色をした実が膨らみはじめていました。
赤黒い花と鮮やかな緑色の実が、不思議な色合いで面白いと思いました。
e0054067_0334832.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ママコナ(ゴマノハグサ科)
e0054067_22205259.jpg
下唇の白い突起が米粒のようで、これがママコナという名前の由来とも言われているようです。
下山後に駐車場に向かって歩いているとき、石垣の上に紅紫色の花を見つけました。
葉のような苞には棘があったり、半寄生植物だったりと、ママコナは特徴の多い草花です。
e0054067_22213160.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
タムラソウ(キク科)
e0054067_18481074.jpg
アザミの花にそっくりですが、アザミとは別の仲間に分類されるタムラソウです。
葉に棘のない点が、アザミとは異なる大きな特徴です。
風にユラユラ揺れる花は撮影にはやっかいで、枯れ枝2本を使い茎が揺れないよう固定して、やっとのことでアップの写真を撮ることができました。

“アキノタムラソウ”としてしまうと、まったく別のシソ科の花になってしまうのでご注意を。
e0054067_18481737.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
タカオヒゴタイ(キク科)
e0054067_016728.jpg
以前シラネアザミを紹介しましたが、タカオヒゴタイも同様にトウヒレンの仲間です。
特徴はバイオリン形と表現される葉の形で、比較的見分けやすいです。

花の方は、反り返る総苞に特徴があります。
シラネアザミの総苞より細かく、クモ毛が生えていました。


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
オクモミジハグマ(キク科)
e0054067_05289.jpg
花の写真は極力自然光で撮影することを心がけていますが、今回のオクモミジハグマはフラッシュを使用せざるを得ませんでした。

理由1 斜めから差す朝の光は山の斜面に遮られて、薄暗い林の中で咲いていたこと。。。
理由2 追い打ちのように絶えず吹いてくる強風で、スローシャッターは使用不能。。。
そんな訳でフラッシュでの撮影となりました。

風車(かざぐるま)のような花がとても印象的でした。
e0054067_053840.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
クリ(ブナ科)
e0054067_0401869.jpg
タイトルであえて「栗の実」とするまでもなく、栗といえば普通の人は実の方を思い浮かべるでしょう。
いわゆる山に自生する山栗で、“シバグリ”などと呼ばれます。
ここのところの強風にあおられたようで、青いイガの状態でたくさん地面に落ちてました。


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ