<   2007年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

エイザンスミレ(スミレ科)
e0054067_20464549.jpg
今年もたくさんのスミレの花を紹介してきましたが、意外なことにエイザンスミレがまだでした。
山で見かけなかいわけではないのですが、なかなか良い株に巡り会えずにいたのです。
今回は良い状態の花に出会え、ようやく紹介できてホッとしています。

ファインダを覗いていると、日が動いて刻一刻と表情を変えていきます。
日の当たり方によって、いろいろな表情を見せるエイザンスミレの花を、一心不乱に撮影したのでした。
e0054067_20465553.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
フデリンドウ(リンドウ科)
e0054067_22483975.jpg
春咲きのリンドウといえば、フデリンドウが代表格でしょうか。
今の時期山を歩いているとけっこう見かける花ですが、淡い紫色は落ち葉の色に溶け込んで、意外と目立たないこともあります。
一生懸命に落ち葉の中から顔を出し、花開いている様子がいじらしいです。

e0054067_22485527.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ツノハシバミ(カバノキ科)
e0054067_1262899.jpg
ニョロニョロっと垂れ下がった花に心惹かれて、車を停めて観察しました。
カバノキ科の花は、花と思えないような地味なものが多いですが、よく観察すると実に面白いです。
ただしこの“面白い”という意見は、同行者には賛同してもらえませんでした。残念。。。

枝からぶら下がる物体は、小さな雄花が集まったもののようです。
下の写真の右下に写っているつぼみが、実は雌花だと判明したのは、自宅に帰って図鑑を調べてから。
まさに後の祭りでした。
e0054067_1263757.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
フモトスミレ(スミレ科)
e0054067_1562786.jpg
白くて小さなスミレを見つけました。
フモトスミレの花のようです。
“ようです”という表現は、亜種のヒメミヤマスミレかもしれないからです。
明確に区別するのが難しそうなので、ここではとりあえずフモトスミレとしておきます。

ごく小さな花ですが、側弁の基部にたくさんの毛が生えていたり、なかなか精密な作りをしていました。
2輪のフモトスミレが咲く姿は、白い小さな鳥がはばたいている姿に見えました。
e0054067_1564255.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ミヤマシキミ(ミカン科)
e0054067_1442722.jpg
手持ちの図鑑の説明には、「林下に生え、早春にひっそりと開花」とあります。
(「樹に咲く花」山と渓谷社より)
薄暗い林の下で咲く姿は、まさに“ひっそり”という表現がぴったりでした。
写真は雄株になりますが、集まって咲く花の一つ一つはなかなか魅力的な容姿です。
ミカン科の花だからかもしれませんが、柑橘系を思わせる良い香りがしました。
e0054067_1444485.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ヒトリシズカ(センリョウ科)
e0054067_1111189.jpg
静御前に由来する、なんとも優雅な名前の花です。
落ち葉の積もる場所で、いくつもの群れを作って咲いていました。
アップの写真を見て気付いたのですが、葉の周囲の細かい鋸歯が思いのほか鋭いです。

“静”から受ける印象かもしれませんが、林の中でひっそりと咲く姿似合う花だと思いました。
e0054067_1112282.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
アケボノスミレ(スミレ科)
e0054067_061528.jpg
スミレの花の中で一番好きなのは?
と聞かれたら、真っ先に思い浮かべるのは、このアケボノスミレだと思います。
落ち葉の中から茎を伸ばした花に、今年も無事出会うことができました。
スミレの花の中では独特な紅紫の色合いと、ボッテリした風合いの花は、山の中で見つけるといつもハッとさせられます。

写真にするとなかなかきれいな色が再現できず、いつももどかしい思いをします。
強い日差しではなく少し曇るくらいの光の方が、きれいな色に仕上がるのが皮肉なものです。
腕前の問題ですね・・・精進しなきゃ・・・
e0054067_062591.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
イカリソウ(メギ科)
e0054067_8304493.jpg
前回に続いてのイカリソウですが、今回は白花です。
同じイカリソウでも、花の付き方や葉が展開していなかったり、ずいぶん雰囲気が違うものです。
赤紫のイカリソウとは別物の、白い花特有の清楚なオーラを纏っていました。
(赤紫のイカリソウが清楚じゃないとは言いませんが・・・)
e0054067_831496.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
イカリソウ(メギ科)
e0054067_2194589.jpg
下山途中のこと、木々の芽吹きに惹かれて立ち止まった場所で、何気なく谷側の斜面に目を移すと、イカリソウの花が咲いているのに気付きました。
急斜面なので覗き込まないと見えませんが、点々と咲いています。
足元に注意しながら近づいて、碇のような形の花をじっくりと観察しました。
e0054067_2195877.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
シロバナナガバノスミレサイシン(スミレ科)
e0054067_158349.jpg
なんとも舌を噛みそうな長い名前で、早口言葉になりそうです。
以下のフレーズを3回続けて・・・とか。
 スミレサイシン、ナガバノスミレサイシン、シロバナナガバノスミレサイシン・・・
それはさておき。
シロバナナガバノスミレサイシンは、この前紹介したナガバノスミレサイシンの白花です。
雨上がりの朝、露に濡れた花がしっとりした表情でした。
e0054067_1584498.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ