<   2007年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ミヤマクワガタ(ゴマノハグサ科)
e0054067_754873.jpg
肩ノ小屋のテント場の周囲にはお花畑が広がっていて、様々な花が咲き乱れていました。
比較的花期の早いミヤマクワガタの花を見ることができるとは思っていませんでしたので、花を見つけたときはとても嬉しくなりました。
南アルプスのミヤマクワガタは赤味が強く、アカイシミヤマクワガタとも呼ばれるようです。
出会った花も鮮やかな赤紫色をしていました。
(撮影日 8/27)
e0054067_755947.jpg

↓ テント場からの眺望はMoreをクリックしてご覧ください ↓

!!!!! More !!!!!
[PR]
シコタンハコベ(ナデシコ科)
e0054067_6381831.jpg
山頂を越えて岩場を下り始めると、ナデシコ科の白い花が目立つようになりました。
比較的よく見かけるのはイワツメクサで、5枚の花弁が深く裂けて10枚に見えます。
イワツメクサが咲くすぐ横で、少し違う雰囲気で咲いていたシコタンハコベの花を見つけました。
花はイワツメクサによく似ていますが、葉が異なるのですぐに区別できます。
真っ白な花が岩場で群れ咲く姿は、とても可憐で心を打たれました。
(撮影日 8/27)
e0054067_6382836.jpg

↓ 周辺の景色はMoreをクリックしてご覧ください ↓

!!!!! More !!!!!
[PR]
シコタンソウ(ユキノシタ科)
e0054067_637349.jpg
前回紹介したイブキジャコウソウが咲く岩場のすぐ近くで、シコタンソウの花もきれいに咲き残っていました。
花弁の斑点模様は見れば見るほど不思議で、根元の黄色から先端の赤色まで、実に見事なグラデーションになっていることに気付きます。
自然の色彩にはいつも驚かされますが、シコタンソウはそんな素晴らしさを見せてくれる花の一つだと思います。
(撮影日 8/27)
e0054067_6374642.jpg

↓ 山頂からの景色はMoreをクリックしてご覧ください ↓

!!!!! More !!!!!
[PR]
イブキジャコウソウ(シソ科)
e0054067_8323290.jpg
北岳山頂への稜線は岩場の登りとなりますが、そんな場所でも登山道脇では様々な花が咲いています。
イブキジャコウソウの咲き残りの花が目に入り、周囲の岩場を探してみると、きれいに咲いている花を見つけることができました。
張り付くように咲くイブキジャコウソウの薄い赤紫色が、岩の模様のようでとても華やかでした。
(撮影日 8/27)
e0054067_8324251.jpg


!!!!! 岩場の風景はココをクリックしてご覧ください !!!!!
[PR]
タカネヤハズハハコ(キク科)
e0054067_7322340.jpg
やっとの思いで標高2,800mの稜線に出ると、高山の礫地で咲く花たちが出迎えてくれました。
タカネヤハズハハコのドライフラワーのように乾燥した頭花は、白色や薄いピンク色の株があって目を楽しませてくれます。
稜線沿いでたくさん出会うことができますが、最初に会ったこの株がいちばん美しく印象に残りました。
とても好きな高山の花です。
(撮影日 8/26)
e0054067_732324.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ