<   2008年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ルイヨウボタン(メギ科)
e0054067_22292563.jpg
昨日紹介したニリンソウの群落では、青々とした葉をつけた草が生えていました。
よく見ると丸い花芽を付けていたので、周囲を探すと花が開いた株を見つけることができました。
薄暗い林の中で咲く花にふさわしく、しっとりとした味わい深い花です。
「ボタンに似た葉」という意味の名前ですが、もっとルイヨウボタンそのものを表した名前を付けてあげたい気持ちになりました。
(撮影日 4/27)
e0054067_22293371.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ニリンソウ(キンポウゲ科)
e0054067_20104422.jpg
湿った林の中に咲くニリンソウですが、これほどの群落には久しぶりに出会いました。
登山道をはさんで両側一面に、真っ白な花が咲き乱れています。
人通りも少なくて、こんなに見事なお花畑を独り占めする贅沢を味わいました。
(撮影日 4/27)
e0054067_20105217.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ナガバノスミレサシン(スミレ科)
e0054067_21172565.jpg
落葉の中から顔を出して、ナガバノスミレサイシンが点々と咲いていました。
雨上がりだったためか傷んだ花が多く、被写体になる良い個体になかなか出会えません。
ようやく出会えた3本のナガバノスミレサイシンは、薄い青紫色の大ぶりの花がとても素敵でした。
(撮影日 4/27)
e0054067_21173612.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
コバノタツナミ(シソ科)
e0054067_20475436.jpg
海岸近くの歩道沿いで、特徴的な形をした花が咲いていました。
タツナミソウの仲間にはあまり馴染みがなく、その場では種類を特定できません。
自宅へ帰って調べたところ、海岸付近に多いコバノタツナミのようです。
ビロードタツナミという別名どおり、葉はびっしりと毛で覆われていました。
(撮影日 4/20)
e0054067_2048323.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ホウチャクソウ(ユリ科)
e0054067_188593.jpg
海岸沿いの遊歩道は、常緑樹と落葉樹の混合林の中を進みます。
山に先がけて新緑の季節が進み、鮮やかな緑が美しい道です。
陽射しのまぶしい歩道脇では、緑白色をしたホウチャクソウの花が咲いていました。
(撮影日 4/20)
e0054067_1875657.jpg
↓ イヌビワの新緑はMoreをクリックしてご覧ください ↓

!!!!! More !!!!!
[PR]
フモトスミレ(スミレ科)
e0054067_0111716.jpg
沼地を周回する遊歩道の脇で、フモトスミレの白い花が咲いていました。
なかでも紫色の筋が無い真っ白な品種を、シラユキフモトスミレと呼ぶそうです。
写真の個体は白いのですが、うっすらと紫色の筋が見えますので、シラユキ・・・とは呼べなさそうです。
それでも小さい花の可憐さに、なんら変わりありません。
(撮影日 4/20)
e0054067_011256.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
イワタイゲキ(トウダイグサ科)
e0054067_262574.jpg
一昨年の冬に訪れた海岸でイワタイゲキの葉を見つけたのですが、ようやく花にも会いに行くことができました。
鮮やかな黄色い花は岩場によく映えて、想像以上に美しい姿でした。
波の音を心地よく聞きながら、夢中で撮影を行いました。
(撮影日 4/20)
e0054067_263498.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
イズセンリョウ(ヤブコウジ科)
e0054067_2364715.jpg
たまたま立ち寄った神社の境内で、イズセンリョウの花が咲いていました。
3月に訪れた山で白い色の実を見て以来、一度出会いたかった花です。
実の色によく似たクリーム色がかった白い花は、意外にも筒状の花でした。
イズセンリョウは、いつ出会っても葉が虫食いの印象があります。
それほど美味しそうな葉には思えないのですが・・・
(撮影日 4/20)
e0054067_2365690.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ミミガタテンナンショウ(サトイモ科)
e0054067_2143488.jpg
すみれの撮影をしているときに、ふと振り返って目が合った(?)ミミガタテンナンショウです。
刈り込まれた草地から立ち上がって、こちらに何か話しかけているようです。
「すみればかりでなく、自分も写真に撮ってくれ」と主張しているのでしょうか。
名前の由来にもなっている耳たぶが大きく、福耳なミミガタテンナンショウでした。
(撮影日 4/12)
e0054067_21431368.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ヤマブキ(バラ科)
e0054067_11153624.jpg
谷川に沿った道路脇の斜面では、ヤマブキの花が満開でした。
向かい側の山の斜面を点々と、文字通り山吹色に彩るのがわかるほど鮮やかな色あいです。
ガードレールから下をのぞきこむと、道路から川面へかけての斜面はヤマブキの花に覆われていました。
ごく普通に見ることのできる花で、今まであまりじっくりと撮影した記憶は無いのですが、今回あらためて美しいと感じたヤマブキの群生でした。
(撮影日 4/12)
e0054067_11154631.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ