<   2009年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ユウシュンラン(ラン科)
e0054067_23235868.jpg
落葉をかき分けるようにして、茎を伸ばして咲いているランの花に出会いました。
極端に小さな葉が付いた、ギンランのような花にピンときました。
一度見たいと思っていたユウシュンランと、予想していなかった場所での出会いに感激も倍増です。
「どう?」と語りかけてくるような、下の写真の花を見たときには思えず笑みが洩れました。
(4月下旬撮影)
e0054067_2324884.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
キンラン(ラン科)
e0054067_21213176.jpg
里山の適度に手入れされた雑木林は、キンランにとって居心地の良い環境のようです。
林床で茎を伸ばして咲く姿は、ひと際目立つ存在でした。
名前通りの黄金色の花が、陽射しを浴びて輝いていました。
市街地近くの里山は、ことあるごとに住宅地に姿を変えてしまいます。
キンランが咲くような、昔ながらの環境をいつまでも残していきたいものです。
(4月下旬撮影)
e0054067_21213482.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
タマノカンアオイ(ウマノスズクサ科)
e0054067_0324359.jpg
所用の合い間をぬって、近所の里山へ出かけてみました。
目的は冬の間に目をつけていた、タマノカンアオイの花です。
光沢のある葉を見つけて根元を探しても、花を付けた株がなかなか見つかりません。
ようやく探し当てた花は明らかに大型で、カントウカンアオイに見慣れた目には新鮮な驚きでした。
(4月下旬撮影)
e0054067_0324893.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ハマエンドウ(マメ科)
e0054067_012426.jpg
海辺の砂丘を紫色に彩る、ハマエンドウの花に出会いました。
ハマヒルガオの淡紅紫色とは、また違った華やかさを演出します。
段丘の上までは入り込む人もいなくて、ゆっくりと花と向き合うことができました。
(4月中旬撮影)
e0054067_013236.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ハマヒルガオ(ヒルガオ科)
e0054067_0541434.jpg
海岸の斜面では、ハマヒルガオの花が咲いていました。
漏斗状の端正な花が、砂浜を華やかに彩ります。
濃淡のある淡い赤紫色は、なんて日本的な花だろうと思いました。
(4月中旬撮影)
e0054067_0542334.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
マルバアキグミ(グミ科)
e0054067_2202823.jpg
久しぶりに、海沿いを歩いてみました。
海岸の砂浜に迫る松林の縁では、マルバアキグミの花が満開でした。
粉を吹いたような葉には、鱗状毛と呼ばれる独特な毛が生えます。
ルーペで観察してみると、鱗状毛に混じって松の花粉が積もっていました。
(4月中旬撮影)
e0054067_2204052.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
シャガ(アヤメ科)
e0054067_2265682.jpg
林道脇の斜面は、咲き始めたシャガの花で賑やかな装いでした。
アヤメの仲間らしい、大きくて豪勢な花は貫禄さえあります。
土手に身を乗り出して撮影していたら、3匹のヤマヒルにたかられてしまいました。
ヤマヒルは嫌われ者ですが、小さな守り神として花々を守っているのだと思いました。
(4月中旬撮影)
e0054067_227471.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
サツマイナモリ(アカネ科)
e0054067_0373451.jpg
関東では珍しい、サツマイナモリの花に会いに行きました。
自生地は薄暗い針葉樹の林の中で、真っ白い花が点々と咲いていました。
5裂した花冠には毛が生えていて、独特な美しさをかもし出す花です。
本場の暖かい地方では群落を作って咲くようで、一度そういう光景を見てみたいと思いました。
(4月中旬撮影)
e0054067_0374122.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
コガネネコノメソウ(ユキノシタ科)
e0054067_0551680.jpg
林道沿いで足元の枯葉の間から、コガネネコノメソウが顔を出して咲いていました。
やや標高の高いこの場所では、まだ咲き出す花も少なく、小さくても鮮やかな黄色がよく目立ちます。
直立した萼片に囲われて、整然と並んで咲く様子が面白い花です。
(4月中旬撮影)
e0054067_055269.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ヒゲケマルバスミレ(スミレ科)
e0054067_005836.jpg
気の向くままに車を走らせていると、小さな川の土手に白い花を見つけました。
近くに車を停め近付いて確認すると、どうやらマルバスミレのようです。
側弁の基部に毛が生えるのは、ヒゲケマルバスミレという品種になるでしょうか。
他の草に紛れていても、真っ白な花が目立っていました。
(4月中旬撮影)
e0054067_011285.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ