<   2009年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

e0054067_2233554.jpg
蒸し暑い森の中、登山道脇で小さな白い花が点々と咲いていました。
アカネ科のシロバナイナモリソウです。
写真で見ると大きく見えますが、実物は想像以上に小さくて可愛らしい花です。
今年は縁があるようで、サツマイナモリ・イナモリソウ・シロバナイナモリソウと、3種類の「イナモリ」に出会うことができました。
(7月中旬撮影)
e0054067_22331117.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_025232.jpg
遊歩道沿いの林床に、薄い紅紫色の花を見つけました。
這うように広がる葉の根元で、ヤマジオウの花が咲いていました。
小さな花はあまり目立たないですが、シソ科の花らしい可愛い花です。
自生地は西日本が中心で、関東地方ではあまり目にしない花です。
(7月中旬撮影)
e0054067_0251386.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_1351629.jpg
登山道を歩きながら、ふと振り返った場所でツチアケビが群生していました。
草むらの中から何本もの茎を伸ばして、黄褐色の花をたくさん咲かせています。
秋には赤いウィンナーのような果実を、たくさん付けるのでしょうか。
唐突に出現したかのように、その周辺だけ独特な雰囲気に包まれていました。
(7月中旬撮影)
e0054067_1352951.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_0152012.jpg
登山口へ向かう道路脇で、ヤマユリが白い大きな花を揺らしていました。
よく目立つ花だけに、運転しながらも華やかな姿を楽しむことができます。
しかしそれだけでは満足できず、登山道で出会った花とあらためてご対面となりました。
車の中からではわからない、強い芳香も楽しみながらの撮影となりました。
蛇足ですが、地元である神奈川県の県花です。
(7月中旬撮影)
e0054067_0153557.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_21472513.jpg
背の低い白い花は、ホソバコゴメグサでした。
山頂のわずかな草地の、背の高い草の下でヒッソリと咲いていました。
この仲間はよく似た種類が多いですが、どれも少しずつ違いがあるようです。
ホソバコゴメグサはミヤマコゴメグサの変種にあたり、葉が細く葉や苞の鋸歯が尖らないのが特徴です。
もっとも、花だけを見れば、どれも同じように見えてしまうかもしれませんね。
(7月中旬撮影)
e0054067_21473594.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_9233229.jpg
やっとのことで、山頂にたどり着きました。
吹きつける風をよけて、岩陰に回りこむとネバリノギランが咲いていました。
地味な花ですが、ややオレンジ色がかった花はなかなか可愛いものです。
午後も遅めの時間のためか訪れる人もなく、山頂の高山植物を独り占めでした。
(7月中旬撮影)
e0054067_9234032.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_23394377.jpg
高山帯の尾根筋の岩陰で、ホソバヒナウスユキソウの花に出会いました。
水滴をまとって、いちだんと生き生き咲いています。
ミネウスユキソウなどに較べると葉が細く、そのせいか華奢に見える姿が高山植物の儚さと重なります。
名前通りに、うっすらと雪を被ったような姿が涼しげでした。
(7月中旬撮影)
e0054067_2340643.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_2345369.jpg
息を切らせながら急斜面の岩場を登ります。
ひと息つこうと横を見ると、目の前でミヤマムラサキが咲いていました。
大好きなムラサキ科の花ですが、高山帯で出会うとまた格別な嬉しさです。
じっとしていると虫がまとわりついてくる山域でしたが、涼しい風が吹き抜けるおかげでじっくりと楽しむことができました。
(7月中旬撮影)
e0054067_23518.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_2241424.jpg
登山道の脇へ目をやると、ジョウシュウアズマギクの花が咲いていました。
澄んだ空気の中で、淡い紅紫色の花が見ごろを迎えていました。
下の写真は朝の早い時間帯に撮影したもので、朝露に濡れた姿が可憐です。
いくつかの場所で出会いましたが、その都度目を奪われる魅力的な花でした。
(7月中旬撮影)
e0054067_22412420.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_20101855.jpg
高山帯では、タカネシュロソウの花が目につきました。
ニョキニョキと、紫褐色の茎を伸ばして咲いています。
茎も花も同じ色なうえに暗い色なので、高山植物の中では華やかさに欠けるかもしれません。
それでも草の中に立つ姿は、なかなかに目立つ存在でした。
(7月中旬撮影)
e0054067_20102622.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ