<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

GWに訪れた山で、ホンシャクナゲがたくさんのつぼみを付けているのを見て、
「今年はシャクナゲの当たり年かもしれない」と思い、シャクナゲの咲く山を訪れてみました。
種類は伊豆半島に自生する、アマギシャクナゲです。
色の濃い花や薄い花、期待に違わずたくさんの花を咲かせていました。
満開には少し早い時期でしたが、咲き始めのフレッシュな花を楽しむことができました。
(5月中旬撮影)
e0054067_227593.jpg

e0054067_228610.jpg

e0054067_2285883.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
雨上がりの沢筋で、チチブシロカネソウの花が咲いていました。
前日の雨に当たったせいで、朝のうちは萎れた花が目立っていました。
それでも滴に濡れた姿は、みずみずしくて青空によく映えます。
午後になると花もすっかり乾いて、ゆっくりと観察できました。
名前には”シロカネソウ”と付きますが、シロカネソウ属とは異なる種類です。
シロカネソウの仲間の特徴である、雄しべのような黄色の花弁は無くて、花だけ見るとニリンソウのようです。
葉はいかにもシロカネソウといった雰囲気なのですが。。。
(5月中旬撮影)
e0054067_20343878.jpg

e0054067_20343834.jpg

e0054067_20343944.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
地元の山の稜線を歩いて、峠から沢沿いに下る途中でシロカネソウに出会いました。
涼しげな沢の流れや苔むした岩場によく似合う、可憐な花を咲かせています。
沢が本流と合流する場所まで下り、少しさかのぼって河原でひと休みすることにします。
河原に降りると、少し奥まった林縁では、シロカネソウの白い花であふれていました。
(5月上旬撮影)
e0054067_19393411.jpg

e0054067_19385735.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
日が傾いた帰り道、通りかかった土手が華やかなのを見つけました。
そこにはオオイワカガミがたくさんの花をつけて咲いていました。
冬を越した葉は、寒さのためか赤く変色しています。
ピンクがかった花に紅葉、そして傾いた日射しもあいまって、
一帯を赤く染めて夕暮れを演出していました。
(4月下旬撮影)
e0054067_20453452.jpg

e0054067_20453541.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
GW前半のもう一つの目的が、このサンインシロカネソウの花でした。
谷沿いの林道を歩きながら、この仲間が好きそうな場所を探します。
前回紹介したキバナサバノオと同じような、細い沢の流れ沿いで出会うことができました。
小さなお洒落な花を見つけたときは、感嘆の声をあげてしまうほどでした。
サンインシロカネソウの特徴は、根元の部分だけ紫色がかった花になります。
(よく似たアズマシロカネソウは、萼片1枚全体が紫色になったりします。)
シロカネソウの仲間は、それぞれ特徴的でどれも素敵な花を咲かせる、大好きな種類ばかりです。
(4月下旬撮影)
e0054067_21465319.jpg

e0054067_21473389.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_23263221.jpg
谷沿いを歩いていくと、お目当てのキバナサバノオの花に出会うことができました。
沢のすぐ横の湿り気の多い岩壁に、見事な群落を作って咲いていました。
トウゴクサバノオに似ていますが、名前の通り黄色味がかった色の花です。
想像していたよりも、背丈や花が大きいことに驚きました。
たくさんのお目当ての花に出会うことができて、充実した山歩きとなりました。
(4月下旬撮影)
e0054067_2326898.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
訪れた地域では、3種類のチャルメルソウの仲間に出会うことができました。
この仲間の花は変わった形をしていますが、魚の骨のように見えるのが花弁にあたります。
そして、花弁の間に見える三角形の形をしたのが萼片です。
お目当てのモミジチャルメルソウは、その名の通り、葉が深く切れ込むのでわかりやすいです。
通りかかった流れの脇で、密集して咲いていました。
e0054067_18582994.jpg

e0054067_18592396.jpg

e0054067_18583062.jpg
上の写真が、モミジチャルメルソウの花のアップです。
同じ場所では、少し離れた場所でチャルメルソウも咲いていました。
チャルメルソウの花は、萼片が開かないのが特徴です。(下の写真)
歩く先々の沢筋では、いたるところでチャルメルソウとモミジチャルメルソウを見ることができました。
もう一種類のチャルメルソウの仲間は、地元の山でも見慣れたコチャルメルソウでした。
(4月下旬撮影)
e0054067_1859273.jpg



 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
イワウチワの葉の基部が心形にならずに、円形やくさび形になるタイプをトクワカソウと呼びます。
尾根沿いの登山道は、このトクワカソウの花であふれていました。
冬の寒さのためか、冬を越した葉が赤緑色に染まっています。
薄いピンク色の花は、一斉にこちら側を向いて咲いていました。
あまりの華やかさに、ただただ感動の山歩きとなりました。
(4月下旬撮影)
e0054067_23365685.jpg

e0054067_23365726.jpg

e0054067_23365720.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
←menuへ