<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

林道を歩き始めてすぐに、クモキリソウが咲いているのを見つけました。
目につくのは写真の二株でしたが、周囲を探すと藪の中にたくさんありました。
梅雨まっただ中のこの季節、湿度が高くてジメジメした空気の中で、ランの花はいきいきと咲いていました。
(6月下旬撮影)
e0054067_2227670.jpg

e0054067_2227774.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
by nekoppana | 2013-06-27 22:34 | ラン科
ほの暗い森の中で、ひっそりと咲くイチヨウランに出会いました。
周囲を探すとチラホラと、いくつかの株が見つかりました。
それらを見て回っているうちに、葉に黒い斑点がある個体を見つけました。
1枚目は普通の個体、2枚目は斑点のある個体、3枚目はその葉です。
葉に紫色の斑点があるタイプを、イチヨウランの品種で「ヒメウズラヒトハラン」と呼ぶようです。
ハクサンチドリに対する、ウズラバハクサンチドリと同じような位置づけで、
イチヨウランに対する、ヒメウズラヒトハランがこれだと思います。
(6月上旬撮影)
e0054067_20562617.jpg

e0054067_20562627.jpg

e0054067_20562765.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
by nekoppana | 2013-06-21 21:14 | ラン科
テンナンショウの仲間は見分けるのが難しいですが、中には特徴的なわかりやすい種類もあります。
マイヅルテンナンショウもその一つで、花の中から天に向かって伸びる糸状の付属体が特徴です。
「マイヅル」という名の通り、葉が展開した姿は鶴が羽ばたく姿に似ています。
同じ仲間でも、マムシグサのように蛇に例えられる種類もあり、この多様性が面白いと思います。
この日は今にも動き出しそうな、たくさんのマイヅルテンナンショウに出会うことができました。
(6月上旬撮影)
e0054067_20454833.jpg

e0054067_20454461.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
広場の草地に花が咲いていると思ったら、ミゾカクシの花でした。
鳥が飛び立つような、特徴的な姿の花です。
湿り気の多い草地で見られますが、久しぶりに出会った気がします。
この花を正面から見るといつも、鳩の姿を連想してしまうのは私だけでしょうか。。。
(6月上旬撮影)
e0054067_2102190.jpg

e0054067_210123.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
峠から下る道路が谷まで下りた所で、沢に立ち寄ってみました。
清らかな水が流れる沢の向こう岸に、たくさんの白い花が見えました。
沢の横に広がる僅かな平地一面に、タチカメバソウが咲いていました。
群れて咲くことが多い花ですが、一斉に咲き揃うと息をのむ美しさです。
爽やかな水の流れる音をBGMに、見事なお花畑を堪能しました。
(5月下旬撮影)
e0054067_2230510.jpg

e0054067_22305094.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
若葉が眼に鮮やかな、林道を歩きました。
道路の両脇は数も種類もたくさんの野草にあふれていて、花を楽しみながら歩くには良い季節です。
そんな中、クルマバツクバネソウが咲いているのを見つけました。
丸く輪生する葉の中心から、目立ちはしませんが独特な花を咲かせています。
ユリ科として馴染んできた種類ですが、新しい分類では「シュロソウ科」に属するようです。
エンレイソウ・バイケイソウ・ショウジョウバカマあたりが、同じシュロソウ科に分類されています。
(5月下旬撮影)
e0054067_22564123.jpg

e0054067_22564645.jpg

e0054067_22564264.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
by nekoppana | 2013-06-06 23:06 | ユリ科
登山道を歩いていると、立派なブナの木が太い根を張り出していました。
地上に盛り上がって、まるで岩のような根を乗り越えて通ります。
見上げると、ブナの若葉が鮮やかな緑色に輝いています。
ふと振り返ると、根の窪んだところでヤマクワガタが咲いていました。
ブナの根に守らるように、白い花を咲かせていました。
(5月中旬撮影)
e0054067_21395075.jpg

e0054067_21395093.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
←menuへ