テンニンソウ シソ科
e0054067_2381459.jpg

ありがちな普通の花からは想像もしないような、テンニンソウ(天人草)という浮世離れした名前がついています。

この花が咲き乱れる中を、たくさんのアサギマダラが舞っていました。
あちらこちらでアサギマダラのヒラヒラと舞うさまは、よくよく考えれば浮世離れした風景です。
テンニンソウというネーミングに思わず納得でした。
[PR]
シュロソウ ユリ科
e0054067_1235888.jpg

草原にニョッキリと顔を出し、赤黒い花を咲かせていました。
シュロソウです。
根もとの葉鞘(ようしょう)にシュロの毛のような繊維がついているから、シュロソウといいます。

ところで“シュロ”って何でしょう??? “葉鞘”って???
Yahoo!辞書で調べてみました。

葉鞘】鞘(さや)のように茎を包んだ葉の基部
しゅろ】ヤシ科の常緑高木

つまりは、葉の基部にヤシの毛のような繊維が付いているということですね。
ふ~~~ん。
[PR]
ベニイタドリ タデ科
e0054067_243787.jpg
紅い花を咲かせるイタドリの仲間、ベニイタドリ。わかりやすいです。

またの名をメイゲツソウ、漢字で書くと名月草。
情緒溢れる名前じゃないですか。
秋のお月見の頃に咲くことが所以らしいが、山の上では8月に咲いちゃってました。
[PR]
ハクサンフウロ フウロソウ科
e0054067_2213948.jpg
ハクサンフウロは高原を彩る代表的な花。(と、自分は勝手に思ってます)
草原ではひときわ目立つ存在なのに、あまりにも当たり前のように咲いているので、じっくり観察する機会は意外と少ないです。(自分の場合は、、、ですが)

よく見ると雄しべの葯(アタマの部分です)がボテッと落ちてました。
[PR]
趣味の山歩きが高じて、道々に咲く花にハマっている今日この頃。
愛用のコンパクトデジカメで撮影した写真を紹介していこうと思いたち、今日からこのブログをはじめてみることにしました。

マツムシソウマツムシソウ科
e0054067_2016835.jpg
8月初旬に訪れた北八ヶ岳での撮影です。
朝露に濡れる草原の道は、夏から秋への移り変わり中。
自分にとってのマツムシソウは、そんな季節感を感じさせてくれる花の一つです。

街はまだまだ暑い夏なんですけどね。
[PR]
←menuへ