タグ:亜高山帯 ( 7 ) タグの人気記事

この日、山頂への急登をこなしていくと、様々な花が出迎えてくれました。
そして最後の斜面を彩る濃いピンク色は、オオビランジの花です。
雨上がりで傷んでいる花もありましたが、新鮮な花もまだまだたくさんあります。
稜線に上がると風が吹き付けて、雲を流していきます。
そこでオオビランジと華やかに共演していたのは、コバノコゴメグサでした。
(8月下旬撮影)
e0054067_22455883.jpg

e0054067_22455820.jpg

e0054067_22455814.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~


[PR]
東日本の少し標高の高い山へ登れば、マイヅルソウの花を見るのは難しいことではありません。
それでも、林床一面に青々と繁った葉に、かわいらしい白い花を咲かせた姿に出会うと、気分が浮き立つものを感じます。
梅雨の晴れ間の、清々しい高原の中での出会いでした。
(6月中旬撮影)
e0054067_20451371.jpg
e0054067_20451379.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
少し標高の高い山へ行けば、この時期でもまだ桜の花見ができます。
桜の花見といってもソメイヨシノではなく、咲いていたのはウワミズザクラでした。
白い花を筒状につけて、遠くから見るとまるでブラシのようです。
すぐ近くでは、また違う種類の桜、ミヤマザクラ(3枚目の写真)が咲いていました。
亜高山帯ではまだまだお花見ざかりです。
(5月下旬撮影)
e0054067_23315811.jpg
e0054067_23315884.jpg
e0054067_23315882.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
e0054067_22562781.jpg
7月にも訪れた、高山帯の山へ再度訪れてきました。
谷を埋めていた雪渓はずいぶんと小さくなっていましたが、斜面の草地では夏のなごりの花が咲いています。
7月にこの草地を賑わせていたタカネグンナイフウロやミヤマハナシノブは、この写真のクガイソウやミソガワソウに姿を変えていました。
咲く花もすっかり入れ替わったと思ったら、タカネグンナイフウロやミヤマハナシノブもすぐ近くで花盛りでした。
雪解けが遅かった場所では、夏の花もまだまだたくさん咲いていて、ちょっと得した気分になりました。
(9月中旬撮影)
e0054067_2256279.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_22425756.jpg
下山途中の休憩地点で、ヤマハハコが賑やかに咲いていました。
夏の終わりの日差しを浴びて、白い花がまぶしいくらいです。
高山帯では珍しい花ではありませんが、まとまって咲いているのは美しい光景です。
山では秋の花が賑やかに咲く季節になりました。
(8月下旬撮影)
e0054067_22425822.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_233472.jpg
登山道の脇を彩るように、ミヤママンネングサが咲いていました。
その奥には雪渓が横たわり、雪の白・草の緑・ミヤママンネングサの黄色と、3色に色分けされています。
花はもう終盤ですが、鮮やかな黄色が日射しに眩しいくらいでした。
(7月下旬撮影)
e0054067_23341142.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_2218255.jpg
焼けるような暑い日が続くと、涼しい山が恋しくなります。
いてもたってもいられなく、高山植物に溢れる山へ出かけることにしました。
道半ばの亜高山帯の草地で出迎えてくれたのは、タカネグンナイフウロでした。
しばらくは、今回出会った高山の花たちを紹介していこうと思います。
(7月下旬撮影)
e0054067_2218128.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
←menuへ