タグ:沢沿い ( 13 ) タグの人気記事

毎年のように撮影しているハナネコノメ。
今年は雪の影響で開花が遅れていると聞いて、まだかまだかと思っているうちに良い時期を逃してしまいました。
それでも沢を少し遡ると、まだ状態の良い花もたくさん残っていました。
例年この花を見てシーズンの幕開けを感じているせいか、遅まきながらようやくスイッチが入った気がします。
ハナネコノメの小さな花は、いつ見ても可愛らしいものです。
(3月下旬撮影)
e0054067_19353075.jpg
e0054067_19353141.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~


[PR]
清涼な沢の流れのすぐ横で咲く、スルガジョウロウホトトギスに出会うことができました。
岩壁から下垂する茎の先端に、筒形の黄色い花を吊り下げて咲いていました。
サガミジョウロウホトトギスよりは、心なしか小ぶりな印象を受けました。
ひっそりとした山の中で、こんな美しい花が咲く光景が、いつまでも続くことを願うばかりです。
(9月上旬撮影)
e0054067_2155112.jpg

e0054067_2155587.jpg

e0054067_21551287.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
じっとりと汗が貼り付くような湿度の高い沢沿いで、ギンバイソウが咲いていました。
どんなに蒸し暑くても、白い花はなんとも涼しげに咲いています。
花のつくりをよく見ると、クサアジサイに似て同じアジサイ科なのがよくわかります。
沢の流れで涼をとりながら、夏の山を歩きました。
(7月下旬撮影)
e0054067_2050761.jpg

e0054067_20502712.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
峠から下る道路が谷まで下りた所で、沢に立ち寄ってみました。
清らかな水が流れる沢の向こう岸に、たくさんの白い花が見えました。
沢の横に広がる僅かな平地一面に、タチカメバソウが咲いていました。
群れて咲くことが多い花ですが、一斉に咲き揃うと息をのむ美しさです。
爽やかな水の流れる音をBGMに、見事なお花畑を堪能しました。
(5月下旬撮影)
e0054067_2230510.jpg

e0054067_22305094.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
雨上がりの沢筋で、チチブシロカネソウの花が咲いていました。
前日の雨に当たったせいで、朝のうちは萎れた花が目立っていました。
それでも滴に濡れた姿は、みずみずしくて青空によく映えます。
午後になると花もすっかり乾いて、ゆっくりと観察できました。
名前には”シロカネソウ”と付きますが、シロカネソウ属とは異なる種類です。
シロカネソウの仲間の特徴である、雄しべのような黄色の花弁は無くて、花だけ見るとニリンソウのようです。
葉はいかにもシロカネソウといった雰囲気なのですが。。。
(5月中旬撮影)
e0054067_20343878.jpg

e0054067_20343834.jpg

e0054067_20343944.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
地元の山の稜線を歩いて、峠から沢沿いに下る途中でシロカネソウに出会いました。
涼しげな沢の流れや苔むした岩場によく似合う、可憐な花を咲かせています。
沢が本流と合流する場所まで下り、少しさかのぼって河原でひと休みすることにします。
河原に降りると、少し奥まった林縁では、シロカネソウの白い花であふれていました。
(5月上旬撮影)
e0054067_19393411.jpg

e0054067_19385735.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
GW前半のもう一つの目的が、このサンインシロカネソウの花でした。
谷沿いの林道を歩きながら、この仲間が好きそうな場所を探します。
前回紹介したキバナサバノオと同じような、細い沢の流れ沿いで出会うことができました。
小さなお洒落な花を見つけたときは、感嘆の声をあげてしまうほどでした。
サンインシロカネソウの特徴は、根元の部分だけ紫色がかった花になります。
(よく似たアズマシロカネソウは、萼片1枚全体が紫色になったりします。)
シロカネソウの仲間は、それぞれ特徴的でどれも素敵な花を咲かせる、大好きな種類ばかりです。
(4月下旬撮影)
e0054067_21465319.jpg

e0054067_21473389.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_23263221.jpg
谷沿いを歩いていくと、お目当てのキバナサバノオの花に出会うことができました。
沢のすぐ横の湿り気の多い岩壁に、見事な群落を作って咲いていました。
トウゴクサバノオに似ていますが、名前の通り黄色味がかった色の花です。
想像していたよりも、背丈や花が大きいことに驚きました。
たくさんのお目当ての花に出会うことができて、充実した山歩きとなりました。
(4月下旬撮影)
e0054067_2326898.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
訪れた地域では、3種類のチャルメルソウの仲間に出会うことができました。
この仲間の花は変わった形をしていますが、魚の骨のように見えるのが花弁にあたります。
そして、花弁の間に見える三角形の形をしたのが萼片です。
お目当てのモミジチャルメルソウは、その名の通り、葉が深く切れ込むのでわかりやすいです。
通りかかった流れの脇で、密集して咲いていました。
e0054067_18582994.jpg

e0054067_18592396.jpg

e0054067_18583062.jpg
上の写真が、モミジチャルメルソウの花のアップです。
同じ場所では、少し離れた場所でチャルメルソウも咲いていました。
チャルメルソウの花は、萼片が開かないのが特徴です。(下の写真)
歩く先々の沢筋では、いたるところでチャルメルソウとモミジチャルメルソウを見ることができました。
もう一種類のチャルメルソウの仲間は、地元の山でも見慣れたコチャルメルソウでした。
(4月下旬撮影)
e0054067_1859273.jpg



 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_222530100.jpg
近所に自生地があることを知り、出かけてみることにしました。
水辺の遊歩道を歩いていくと、探すまでもなくハンゲショウの白い色が目に入りました。
水鳥が遊ぶ水辺には、花のように白く染まった葉が繁っていました。
(7月上旬撮影)
e0054067_2225186.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
←menuへ