タグ:淡紫色 ( 57 ) タグの人気記事

3月のカレンダーには、ユキワリイチゲの花を選びました。
かねてより見てみたかった花で、念願かなって昨年の3月に出会うことができました。
十分な日差しを受けていたようで、到着した時にはきれいに開いた花が、たくさんこちらを向いて咲いていました。
また会いたい花ですが、春の早い時期に西の方へ足を延ばさないと出会えない花です。
(2014年3月撮影)
e0054067_222981.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
うかうかしていたら、11月ももう折り返してしまいました。
山を歩いていても、紅葉も終わった森はすっかり寂しくなりました。
この時期は暖かい海辺へ繰り出してみます。
磯伝いに歩いていると、藪のように繁ったクコの木に花や実が付いていました。
こんもりと繁った株を見上げると、よく澄んだ秋の青空をバックに薄紫色の花を咲かせていました
(11月中旬撮影)
e0054067_23241764.jpg

e0054067_23241733.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~

[PR]
川沿いの道をドライブ中、河畔に降りれそうな場所を見つけました。
釣り人が使用しているような踏み跡から川岸の岩場に降りてみると、想像通りケイリュウタチツボスミレが咲いていました。
川が氾濫すると水没してしまうような場所に適応した、タチツボスミレの変種です。
葉の基部が心形に切れ込んでいないので、水の流れに浸っても抵抗が少なくて済むのだろうと想像をめぐらします。
傾いてゆく日差しの中、川の流れの音を聞きながら撮影を楽しみました。
(5月上旬撮影)
e0054067_21440438.jpg
e0054067_21440457.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
西の方へ遠征して、ユキワリイチゲの自生地を訪れました。
この仲間は日差しを浴びて花が開くので、午後少し遅い時間に到着したら、ちょうど良い具合に咲き揃っていました。
以前から見たかった花の一つで、可憐な色合いの花と、斑の入ったような葉に出会えて大感激です。
3裂する葉には切れ込みが入り、ミスミソウとキクザキイチゲの中間のような特徴だと思いました。
(3月下旬撮影)
e0054067_00110491.jpg
e0054067_00110463.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~

[PR]
久しぶりに海辺の遊歩道を歩いてきました。
波の音を聞きながら、常緑樹の森を歩く道です。
 木々の中から日なたに出ると、道端にコバノタツナミが咲いていました。
5月頃に咲く花ですが、季節を間違えたのでしょうか。
 すぐそばではツルソバやツワブキが咲いていて、コバノタツナミとの組み合わせが新鮮でした。
 (12月中旬撮影)
e0054067_23104935.jpg
e0054067_23104991.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
 大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
湿地の草むらでガガイモが盛りを迎えていました。
ガガイモ科ガガイモ属のガガイモというわかりやすい種類ですが、新しい分類ではガガイモ科はキョウチクトウ科に含められたようです。
ともあれ、白い毛に覆われた薄紫色の花が、強い陽射しの中で咲いていました。
(9月上旬撮影)
e0054067_2015716.jpg

e0054067_2015883.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
高山帯の草地では、タカネマツムシソウの花が咲き誇っていました。
草丈のわりに大きな花が豪勢で、歩いていても否応なしに目を引きます。
涼しい高山に沸き立つ雲、地面にはタカネマツムシソウが広がり、別世界のような花園でした。
(8月中旬撮影)
e0054067_22335011.jpg

e0054067_22342967.jpg

e0054067_2233507.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
花の名山へ遠征してきました。
雲が低く垂れ込める中歩き始めると、霧がかかったような雲の中に突入しました。
しばらく歩いて雲を通り抜けると、時おり上空に青空が覗くようになりました。
周辺は高山植物が咲き乱れ、とたんに歩みが遅くなります。
淡い紫色のミヤマアズマギクが、厳しい環境の中でいきいきと咲いていました。
(6月下旬撮影)
e0054067_227015.jpg

e0054067_2274393.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_801254.jpg
モクレンの仲間は、他の木々が葉を展開させる前に大きな花を咲かせるので、花の時期にはとてもよく目立ちます。
シデコブシの自生地周辺では、林の中に白い花を咲かせている姿を点々と見かけました。
一見ヤブのように見える場所でも、シデコブシが生育する場所は共通して、水が染み出すような湿地になっていました。
保護されている大きな自生地では、淡く紫がかった大きな花をじっくりと観察することができました。
(3月下旬撮影)
e0054067_801215.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_05850.jpg
急に暖かくなったかと思っていると、気温が上昇して夏日を観測したとのこと。
山でも谷沿いでは涼しいものの、尾根沿いは春というより初夏の気温でした。
春のすみれの花も目覚めたようで、日当たりの良い土手ではタチツボスミレが咲いています。
アオイスミレ(上)やコスミレ(下)といった、早春のすみれも咲き始めていました。
(3月上旬撮影)
e0054067_05873.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
←menuへ