e0054067_23443711.jpg
低地の湿原を訪れると、湿原に生育するたくさんの貴重な植物に出会うことができました。
散策路の脇では、シロバナサクラタデが花序を垂らして咲き始めていました。
一つ一つの花はごく小さいのですが、とても可愛らしい花を咲かせます。
目ざといもので、花にはたくさんのアリが訪れていました。
(9月下旬撮影)
e0054067_23443727.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_22345668.jpg
沼地を回りこんで湿地帯に出ると、チョウジソウが群生していました。
涼やかな青紫色の花は、落ち着いた華やかさがあります。
たくさんの花と向かいあって撮影していると、仄かに異臭が漂ってきました。
見た目の清々しさからは想像できない、あまり心地良くない香りの花でした。
(5月中旬撮影)
e0054067_22345683.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_2325980.jpg
この日のいちばんのお目当ては、このヒメアマナでした。
同じ仲間のキバナノアマナにそっくりですが、キバナノアマナの方は、葉が粉を吹いたようなくすんだ色になるそうです。
キバナノアマナに出会うときはいつも風が強い記憶があるのですが、ヒメアマナに出会ったこの日もいつもの例に漏れず、
細い茎の先端の花を強風が揺らしていました。
(4月上旬撮影)
e0054067_23251034.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_21521096.jpg
周辺ではノウルシの花が咲き始めていました。
この花に出会う機会はそれほど多くないですが、出会う場所では群生して大きな群落を作っています。
鮮やかな黄色い花は、トウダイグサの仲間の中では華やかな種類だと思います。
冷たい風が吹く中で、この一帯を春めいた色で染め上げていました。
(4月上旬撮影)
e0054067_21534828.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_23234516.jpg
4月に入ってはや1週間、ようやく写真をアップすることができました。
久しぶりに天候の安定した週末になり、貴重な植物が生育するエリアへ出かけてきました。
桜の花に先がけて、足元ではヒキノカサが咲いていました。
ウマノアシガタによく似ていますが、平野部の湿地などに生育する小さなキンポウゲの花です。
明るいイエローが強い日差しに輝いていました。
(4月上旬撮影)
e0054067_23234785.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
←menuへ