林道を歩き始めてすぐに、クモキリソウが咲いているのを見つけました。
目につくのは写真の二株でしたが、周囲を探すと藪の中にたくさんありました。
梅雨まっただ中のこの季節、湿度が高くてジメジメした空気の中で、ランの花はいきいきと咲いていました。
(6月下旬撮影)
e0054067_2227670.jpg

e0054067_2227774.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
ほの暗い森の中で、ひっそりと咲くイチヨウランに出会いました。
周囲を探すとチラホラと、いくつかの株が見つかりました。
それらを見て回っているうちに、葉に黒い斑点がある個体を見つけました。
1枚目は普通の個体、2枚目は斑点のある個体、3枚目はその葉です。
葉に紫色の斑点があるタイプを、イチヨウランの品種で「ヒメウズラヒトハラン」と呼ぶようです。
ハクサンチドリに対する、ウズラバハクサンチドリと同じような位置づけで、
イチヨウランに対する、ヒメウズラヒトハランがこれだと思います。
(6月上旬撮影)
e0054067_20562617.jpg

e0054067_20562627.jpg

e0054067_20562765.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
テンナンショウの仲間は見分けるのが難しいですが、中には特徴的なわかりやすい種類もあります。
マイヅルテンナンショウもその一つで、花の中から天に向かって伸びる糸状の付属体が特徴です。
「マイヅル」という名の通り、葉が展開した姿は鶴が羽ばたく姿に似ています。
同じ仲間でも、マムシグサのように蛇に例えられる種類もあり、この多様性が面白いと思います。
この日は今にも動き出しそうな、たくさんのマイヅルテンナンショウに出会うことができました。
(6月上旬撮影)
e0054067_20454833.jpg

e0054067_20454461.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
若葉が眼に鮮やかな、林道を歩きました。
道路の両脇は数も種類もたくさんの野草にあふれていて、花を楽しみながら歩くには良い季節です。
そんな中、クルマバツクバネソウが咲いているのを見つけました。
丸く輪生する葉の中心から、目立ちはしませんが独特な花を咲かせています。
ユリ科として馴染んできた種類ですが、新しい分類では「シュロソウ科」に属するようです。
エンレイソウ・バイケイソウ・ショウジョウバカマあたりが、同じシュロソウ科に分類されています。
(5月下旬撮影)
e0054067_22564123.jpg

e0054067_22564645.jpg

e0054067_22564264.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_21331093.jpg
道々でツクバネの花が咲いていました。
どれが花かというと、羽のように対生する葉の先端に付いているのがそうです。
4枚の細長い苞に囲われた、ツクバネの雌花です。
結実すると、羽根つきの羽根のような実を付けます。
(5月下旬撮影)
e0054067_21324777.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_2381798.jpg

e0054067_238182.jpg
草地にコバンソウが群生していました。
珍しい草ではないのですが、近付いて見ているうちに、花が虫のように見えてきました。
面白がって撮影していると、すぐ横では小さなヒメコバンソウも咲いていました。
コバンソウもヒメコバンソウも、風に煽られて飛び回る虫のようでした。
上の2枚がコバンソウ、下の2枚がヒメコバンソウです。
(5月中旬撮影)
e0054067_2383760.jpg

e0054067_2383842.jpg



 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
e0054067_224148100.jpg
新緑の葉の根元に、果実のようなヒメコウゾの花が咲いていました。
どれも球形の花ですが、根元に咲くのは雄花、その先の赤い毛を生やしたようなのが雌花です。
ヤマグワに似た甘い果実を付ける、クワ科の樹木です。
(5月中旬撮影)
e0054067_22414059.jpg


 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
大きなサイズでお楽しみいただく「猫っ花・写真館」はコチラ!
[PR]
ミスズラン(ラン科)
e0054067_2214584.jpg
薄暗い樹林帯の林床に、ミスズランの花がひっそりと咲いていました。
ごくごく小さな花は周囲の背景に紛れるような緑色で、見つけにくいことこの上ありません。
それでも目が慣れてくると細い花茎が目につくのですが、遠目ではどう考えても棒にしか見えません。
ルーペなどで拡大してみると、舌を出したような表情がなんとも可笑しい花です。
(7月下旬撮影)
e0054067_2215131.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
カニクサ(フサシダ科)
e0054067_1162547.jpg
道路脇の土手にぶら下がる、つた性の葉が気になりました。
調べたところ、カニクサというフサシダ科のシダ植物のようです。
勢いの良い植物が少ない冬だからこそ、このような地味な植物にまで目が届くのかもしれないと思いました。
(撮影日 12/24)
e0054067_1165453.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
ヒメオニヤブソテツ(オシダ科)
e0054067_22353367.jpg
海辺の岩場に張り付くように生えていました。
この時期でも青々と繁る葉や、小さくまとまった姿に魅力を感じ撮影したのですが、シダの仲間を調べるのがこんなに大変だと思いませんでした。
ヤブソテツの仲間でも、波を被るような岩場に生育する特徴からヒメオニヤブソテツとしましたが、違っていたら容赦なくご指摘ください。
(撮影日 12/9)
e0054067_22354590.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
←menuへ