オトメスミレ

e0054067_21301052.jpg
「春は駆け足で通り過ぎていく」と少し前に書きましたが、すみれの花を追いかけているとことさらそう感じます。
同じ場所であっても一週間も間をあけて訪れてみると、ガラっと違うすみれの花が出迎えてくれたりするものです。
この日歩いた道々では、数も種類も本当にたくさんのすみれの花に出会うことができました。
中でもタチツボスミレはいちばん数が多い種類ですが、白い花の距だけうっすらと紫色が残る品種はオトメスミレと呼ばれます。
あまりひと気の無いコースでの出会いに、ちょっと得した気分になりました。
(4月中旬撮影)
e0054067_2130992.jpg

 ~ ランキングのクリックにご協力お願いします!! → 人気blogランキング ← ~
[PR]
by nekoppana | 2011-04-20 21:40 | スミレ科
←menuへ